Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 畑中嘉夫さん2020年05月01日 14時00分49秒

広島県出身。 ※九期生名簿
偵察、中攻。

『予科練外史』では畑中さんの出身地は岡山になっています。
乙7期の渡邉邦夫さんがお持ちだった広島県出身者集合写真(乙7~9期)の集合写真に畑中さんは写っていません。
どのような事情かはわかりません。



入隊直後の氏名入り班写真、2班。



辻堂演習。




操偵検査。



卒業間際、土浦海軍航空隊。
偵察分隊の班。


鈴鹿飛練。
熱田神宮。


大分飛練。

木更津大型機講習。











実施部隊、鹿屋空時代。

17年5月1日、おそらく鹿屋で開かれた「鹿屋空同期会」。78年前の今日です。

余談ですがこの写真に写っている9期生で終戦まで生き延びたのは中列左から2人目の河村徳市さんおひとり。
その河村さんが、戦後、偶然にも平山繁樹さんの息子さんと同じ職場。
息子さん、お孫さんを非常にかわいがってくれていたと、そんな話を先日うかがいました・・・・。





おもいで
通信時、手がくたびれたと言っては左手で打った。それが俺より早い。左手で打って右手で書くまさに二刀流、神業だった。

通信の神様。逓信講習所出身ではね。それに人格重厚よきリーダーであった。

広島逓講出で、通信訓練では助教格、スロータイプでちょいちょい宇都木教班長からたしなめられていた。

丈夫で長持ちのしそうな男だったのになあ。


牛澤四郎さん(偵察、中攻)に寄せられた「おもいで」にも畑中さんのお名前が出ていました。
鹿屋で畑中と同下宿。鹿屋市××のOさんが下宿の主人だった。いまでも俺は文通しているが手紙の末尾にきっと「牛沢さん畑中さんが生きていたらねー」と書いてある。下宿での記念写真を広げて久遠の冥福を祈っている。
※原文では××は住所、Oさんは実名

”通信の神様”、左手で打って右手で書く――。左右で別々の作業ができるってすごいですよ、これ。




『予科練外史』の「九期爆音会鹿屋空有志」の寄せ書き(現物の画像掲載)。

中攻隊ノ征ク所ニ敵ハ無ク 大東亜ヲ我等ノ鵬翼下ニ抱ク
                                 畑中嘉夫




坂田清一さんが写っている特練11期の集合写真(田中三也さんの『彩雲のかなたへ』掲載)に畑中さんも写っていると思うのですが、裏付けが取れていません。
たぶん畑中さんだと思うんだけどなー。




鹿屋空、(横須賀空・特練)、521空。





19年8月10日  1航艦司  南洋群島大宮島


グアム島です。





※画像は9期生ご遺族、ご家族ご提供

コメント

トラックバック