Google
WWWを検索 ひねもすを検索

畝火山口神社2020年02月04日 10時10分12秒

畝傍山の西麓にある畝火山口神社。
以前、そこに行こうとして接近したことがあるんですが、とても車で入っていけるような道には見えず断念しました。

「神武天皇陵から歩けるんじゃないか?」
ということで行ってみました。

ところが行けども行けどもたどり着かず。

集落の中に迷い込んでしまい。

住民の方に道を聞きました。


途中の八幡神社。
迷い込んだおかげでお参りできました。




集落から二上山。


細い道をウロウロしてようやくたどり着きました。
軽自動車は入ってこれるみたいで、駐車場もありました。




何度か遷座しているようです。
畝傍山山腹→畝傍山山頂→現在の場所





境内から二上山。

さて、ここからどうやったら橿原神宮にお参りに行けるか。


集落に戻ってぐるっとまわっていく方法もあったのですが、もっと近道があるはず。

そう、鳥居の横から畝傍山を突っ切るルートです。

えー!?
まむしがいるん?
どうするー?
ってパパに聞いたら、
「冬眠しているんじゃない?」
と言うんで、そのまま山に入りました。




けっこう歩いている人、いました。
中にはトレラン中の人も(^^;)
途中で山頂に登る分かれ道がありましたが、反対側から上がって来た人に聞いたら、
「(山頂まで)ここから10分ぐらいかな? 急斜面になりますよ」
ということだったので、もう山頂には行かず、橿原神宮方面に下りました。

畝傍山山頂で標高が199mらしいので、わたし(暗峠越え、雪野山、若草山)が登るにはちょうどいいぐらいの高さです。
今度、時間があるときに登ってみよう。



下っていくと、
あれ?

国旗が掲揚されている!?(中央部拡大)

瑞鶴の碑のところに下りてきたのでした!!







お参りしてきました。



森史朗さんの『空母対空母』、瑞鶴の南太平洋海戦、ようやく読み終わりました。
顔が思い浮かぶ人たちが次々と自爆・未帰還になる展開に、なかなかページをめくることができませんでした。

南太平洋海戦は単発的には日本側の勝ちらしいですが、それにしてもあまりにも多すぎる搭乗員の犠牲でした。

令和二年二月二日 橿原神宮2020年02月04日 13時27分18秒

瑞鶴の碑をお参りした後、北神門から本殿の方に行きました。


必ず写真を撮る北神門。
飛練10期、鈴鹿の偵察練習生たちが記念写真を撮った場所です。


海軍はあまり奈良には縁がないですから、そんな中、かれらが立ち寄ったとわかっている奈良公園や橿原神宮はわたしにとってはある意味”聖地”です。





拝殿の向こうに見えるお山が畝傍山です。

そういえば松本勝正さんのアルバムにこんな写真が貼られていました。
紀元二千六百年頌歌





ご朱印、いただきました。








桜井から見た夕焼け。
左手前の低い山は大和三山の一つ・耳成山。
向こうの山並みは葛城・金剛の山並み。
そのつらなりの右端は二上山。



画像は9期生ご遺族・ご家族ご提供

『局地戦闘機「紫電改」ディテールフォト 川西第5312号機』大日本絵画2020年02月06日 10時07分20秒

マイケル・フレッチャー氏が撮影した写真に、吉野泰貴さんが解説文をつけています。

戦後、横須賀から米国に運ばれ、2008年にレストアが完成した機体。
レストア中に撮られた写真なので、平素は見ることのできない部分まで撮影されています。



プラモデルを作るときに参考にしたらいいだろうな~って写真がたくさん載っています。



操縦席なんか特にそうなんですが、実際ここに座ってこれを操縦した搭乗員がいるんだなと思うと、なんというか、写真なんですが、写っている計器やレバーなどもいとしく感じてしまいます。

機体の他の部分に関しても、飛行隊の整備員たちが日々愛情をこめて整備していたことでしょう。

本当はこういうものは日本で展示?できたらいいんでしょうけど。



尾翼の機番号はヨ‐105で復元されています。
わたし個人的には343空機で復元してほしかったな、と(^^;)






いま国内で見られる実機は愛南町のこの機体だけですよね。
昭和20年7月24日、豊後水道上空での空戦後に不時着水して、その後長年海中に沈んでいた機体です。
不時着したときの衝撃でプロペラは曲がっているし、機体は海中にあったために腐食しています。
この機体しか知らないわたしとしては、本の機体は一から復元した機体?って感じに見えます。すごく状態がいいです。

どんな状態からここまでレストアしたのか。
レストア前の写真はなかったように思いました。見たかったな。





兵庫県の加西には完全復元紫電改もあるんですよ。
川西航空機・鶉野工場があったご縁みたいです。
一度行ってみたいと思いつつ、まだ行けていません。

春海、病院に行く2020年02月10日 18時18分35秒

先週から春海の調子がよくありませんでした。

一日休んだらすっきり治る、といくら言っても部活に行き続けていました。


土日、試合だったので、
「熱が出たら棄権」
と言ってあったのですが、熱は出ず、試合に行きました。

試合の間に声が出なくなって、ひどく咳が出るようになりました。

明日は祝日で病院も休みなので、今日、連れて行ってきました。


とにかく部活を休んですっきり治してほしかったんで、先生に、
「こんなんで部活に行こうとしているんですよ」
と訴えたところ、
「ダメですよ。熱がなくても二、三日は安静に。でないといつまでも治らないよ」

これでやっと春海も部活を休む気になったようで、顧問に電話して休むことになりました。

すっきり治して、万全の体調で次の試合に出てほしいです、最後なんで。

和歌山に行ってきました2020年02月10日 21時43分14秒

春海の試合で和歌山に行っていました。

和歌浦の日の出。

早く着きすぎてしまって、さっぶい中、会場外で40分ぐらい並んで待たされたのですが、それでも座るところがありませんでした。
立ち見もできませんでした。
荷物で席取りだけしてその場にいない人がすごく多いんです。いっけん会場はガラガラなんですけど、レースを見たい人が座れないというね。ここ、いつもそうです。もとから座席が少ないのに。
水泳連盟の人が、「一人でも多く座れるように譲り合ってください」とか「荷物で席取りしている人はレースを見たい人に譲ってください」って言ってまわっていましたが、そもそも荷物を置いて席取りしている人はその場にいないので何の改善もされませんでした。



なので、春海のレースだけビデオ撮影ブースから撮影してさっさと帰りました。

アサイチの1レース目で早々に予選落ちしてくれる春海(笑)



最初の立ち寄り地はカワ。パン屋さんです。
入店制限をしていて、お店の外に行列ができていました。
奈良ではパン屋に並んだことなんかないですが、ここでは並びます(笑)

これは期間限定の生クリームサンドです。
リンゴ。
パパと半分こしたので(手でちぎった)、画が汚いですね、スイマセン。

他にも調理パンとかたくさん買いました。

1つを残して、全部、試合のあと車に戻って食べました。
(朝ごはんが3時だったので)





お昼ごはんは、道路を走っていて偶然見つけたラーメン屋さん。雷神ラーメン。
黒いのはあおさです。
魚介系ととんこつのスープだったかな、あおさ、合っていました。


夜はロイホでハンバーグを食べました。



ホテルに帰っておやつ♪
朝、カワで買ったこれまた季節限定のクロワッサン。
買ったときはホワイトチョココーティングはきれいだったのですが、一日持ち歩いている間にこんななっちゃった(´・ω・`)
中にクリームが入っていました。





2日目。

和歌山城からあがってくる朝陽を見ながらバイキング。

なにっ!? バイキング!?(゚Д゚;)
そーなんですよ、こんなときにバイキング。
一番乗りしようと思って開場時間前に行ったのに、すでに食べている人たちがいました。みんな考えることは同じだな(^^;)
食べものをとるときはマスクをしている人も多かったです。

あ、そうそう。
今回は2日間をとおして、一人の外国人観光客にも会いませんでした。
ビックリです。
和歌山っていつも中華系の人が多くて、ホテルでも、寺社でも、からなず集団がいたんですが、今回はただの一人も姿を見ませんでした。



2日目も春海は朝早い時間の半フリに出て予選落ちしてくれました。
さあ、観光に行こうか!(笑)


お昼はデッキカフェ紀三井寺。初めてのお店です。


焼きたてワッフル食べ放題のランチにしました。
最初、カゴに6枚入りが出されました。パパと3枚ずつってことでしょうね。
その後、ワッフルがなくなるとすぐに「いかがですか?」と大きなカゴに焼きたてワッフルをたくさん入れたおねえさんがやってきて聞いてくれます。
結局何枚食べた?
わたしだけで6、7枚食べたんじゃないか?
パパはもっと食べました。
外がカリカリ、中はふわふわ、全然油っぽくないので何枚でもいけるんです。
甘いソースを小皿に入れてくれるので、それにつけながらいただきました。



観光して、時間つぶしにコメダに入ってお茶をしました。(めずらしくスイーツなし)



6時過ぎに春海に呼び出されたので、プールにお迎えに。


土曜の朝、別れたときは声はふつうだったのですが、日曜夕方に拾ったときには声がガラガラでときどき咳き込んでいました。

応援&風邪悪化のようで。

今日は病院に行って薬をもらって一日寝ていました。
明日も部活は休ませます。