Google
WWWを検索 ひねもすを検索

鹿島海軍航空隊2019年06月04日 15時20分10秒

小板橋さんと別れて、Yさん、山岸さん、谷川さんと4人で鹿島海軍航空隊跡に向かいました。

鹿島海軍航空隊は谷川澄男さんが水上機の飛練をやった航空隊です。

「鹿島」とついていますが稲敷郡です。



Yさんがヒトに尋ねてくれて記念碑にたどりつけました。
大きな道路から少し脇にそれたところにありました。


それから霞ヶ浦の湖岸へ。

車をとめたところにもスリップ(水上機を湖におろすための傾斜)があったのですが、そこだけじゃなく、カタパルトの台座跡を挟んで二方向(直角方向)にスリップが設けられていました。



カタパルトの台座跡。


ふらふらとそっちも見に行ってみました。
何か当時の痕跡が残っていないかなーとウロウロ。







この場所にたたずんでいると、ひっきりなしに飛行機が離陸して行くのが見えました。
成田かな?

わたしがここで飛行機を見上げていろんな思いに浸っている間、Yさんたちは、
「ママのヤツ、どこ行ったんだ!? (泳げないのに)湖に落ちたんじゃないか!?」
って心配して探し回ってくれていたようです(^^;)
スイマセン、ひとり行動してしまいました<(_ _)>



あと、道路を走っているときに車の中から、庁舎らしき建物や古い煙突が見えました。
あれも鹿島空の遺構らしいです。




先ほども書きましたが、9期は水上機操縦が一人もおらず、よって鹿島空で飛練をやった人は0です。
のちに教員で鹿島空勤務の人はいるんですけど(藤代護さん)。

というわけで、9期関係の鹿島空の写真はありません。

10期の久保さんのアルバムに、同期生・藤巻勘一さんの写真がありました。
たぶん鹿島空かと。

先日見せていただいた谷川澄男さんの写真の中に飛練時代の写真がありました。鹿島空。
谷川さんは中列真ん中。
Yさんに見てもらったところ、どちらも93式水上中間練習機だそうです。


谷川さんは飛練12期。
藤巻さんは飛練16期。
同じ時期に鹿島空で訓練していたんじゃないかなあ?
16年の夏頃。

袖の腕章と名札が同じ形式です。


かれらが訓練をしていたその場所に立てたって、なんか感慨深いですよね。
帰って来てからYさんとそんな話をしました。









※画像は谷川さんご家族、久保さんご提供

コメント

トラックバック