Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 嶺岸友三郎さん2019年01月15日 11時41分02秒

9期には予科練・飛練中の殉職者はいません。

9期最初の殉職者は嶺岸さんです。

16年10月末に飛練を卒業し(中攻操縦専修)、翌年1月15日、艦爆操縦への転科教育中に殉職されました。





山形県出身、艦爆操。
氏名入り班写真、8班。







この写真、何の行事かわからないんですよ。
写っているのは操縦専修のメンバーです。
ペンネントは霞ヶ浦海軍航空隊。階級章は2空かな?




予科練時代(霞空?)の入浴中写真があるんですが、嶺岸さんも楽しそうな様子で写っています。




操縦分隊3学年班。卒業間際です。






飛練・谷田部。




飛練・大村。

諏訪神社。
16年夏。


飛練・木更津。
大型機(中攻)の講習を終え、飛練卒業。



その後、佐伯に移動して艦爆の転科訓練中に殉職されました。

殉職状況は詳細に判明しています。
機体故障、海上に不時着水、機体沈没、溺死・・・・だそうです。

同乗していた偵察員は救助されていて、操縦席での最後の会話まで詳細にわかっています。
嶺岸さんの殉職に関しては何度か書きかけたのですが(実際書いた)、公開していませんでした。
つらい。






おもいで
君はキカヌ気の持ち主で、操縦専修のわれわれ同班のものを困らせたこともあった反面、皆の面倒もよく見てくれたね。

上級生に殴られても平気!!下級生もまたよく殴った。図太い神経で淡々としていた。佐伯の海辺でかきをとってよく食べた。うまかったね。



殴ったとか殴られたとか、予科練時代はいろいろありますね。
島田さんの日記を読んでいても、まあ、いろいろあります(^^;)







17年1月15日  佐伯空  事故殉職


※画像は9期生ご遺族ご提供

コメント

トラックバック