Google
WWWを検索 ひねもすを検索

台風ヤバすぎ、ワラエナイ(ToT)2018年09月05日 09時47分15秒

職場、ぐちゃぐちゃ(泣)





まさか、こんなになっているとは…

飛行艇ペア宴会写真2018年09月06日 20時26分04秒

この写真には台紙の書き込みがありましたが、照合したところ、この写真の書き込みではないと判断しました。
たぶん、写真が元の場所から動いているんじゃないかと。

この写真の書き込みはアルバムにはなかったように思います。



場所・日時・写っている人・状況ともに不明ですが。
この写真は偕楽園の後かなと思っています。


場所・日時・写っている人・状況、まったく不明というわけではありません。

【場所】
女性が写っている&一種軍装――であることから、内地だろうなと思っています。
石田さんの宴会写真は横浜が多いので、これもそこらへんかな?

【日時】
ヒントは鈴木鉄丸さんです。
一番左端で石田さんに後ろから抱かれているのは鈴木鉄丸飛長だろうと思います。お顔から。
この人、18年5月1日に下士官になっているので、ジョンベラで写っているこれはまだ兵階級でしょう。あ、コスプレしていなければ(^^;)
というわけで、これはたぶん18年4月末までに撮られたものであろうと推測しています。

【写っている人】
残念ながらみなさんの階級章は見えません。

左端が鈴木鉄丸さん(兵)。

鈴木さんを後ろから抱いているのが石田勝さん(下士官)

石田さんの後ろが佐藤太郎さん(下士官)。甲2、偵察。
石田さんのアルバムの書き込み初登場時は「佐藤上飛曹」ですが、いつの間にか「佐藤飛曹長」になっていました。わたしにとっては「いつの間にか」なんですが、Kさんにとってはいつの間にかでも何でもなく、「18年11月1日」に飛曹長に進級されたんだそうです。

佐藤さんの後ろの白シャツはどなたかわかりません。
石田さんのアルバムで写っているのはこれ1枚だと思います。
あのシャツは士官や下士官が上着の中に着ているシャツだと思うので、兵階級ではないでしょう。

佐藤さんの右のネクタイの人は和田中尉。私服だから中尉かどうかわからんですが。いや、わからんのはわたしだけで、Kさんに言わせると「和田中尉」だそうです。
予学6期出身の和田武二中尉。無事に終戦を迎えられたそうです。
予学6期といえば碇義朗さんの『海軍航空予備学生』(光人社NF文庫)に出ています。和田武二さんも。拓大出身。読みましたよね、わたし、これ(´・ω・`)
これらがわかってからKさんに「なんか兵学校出の人と雰囲気が違うと思っていました」とか言ってしまう後出し人間。

和田さんから右に、
下士官Aさん・・・・グラス片手の人。
下士官?Bさん・・・・メガネの人。矯正メガネだとしたら操縦員や偵察員じゃないですよね。整備の人だろうか? それともダテ? おねえちゃんや女将さん?がかけていたのをふざけてかけてみたって可能性もあります。
下士官Cさん・・・・寝転んでジョンベラの人にもたれている人。横山一整曹のような?
兵さん・・・・この人は香川茂さんかな? お顔が香川さんのような?

8人写っていますので、これが飛行艇のペアだとすると、鈴木さん(操)、石田さん(電)、佐藤さん(偵)、和田さん(操)、香川さん(電)、下士官Cさんが横山さんだとすれば搭整(機関士)、残る二人の下士官は搭整と偵察員でしょうか?
でも、前の写真に写っていた操縦員の大森誠吉2飛曹(乙11)もここに写っていないですよね。たぶん途中で転出されています。大森さんの代わりに入った操縦員かな?
井渕さん(偵)もいないようにあるので、転出してやはり偵察員が入ったのかな?
8人なら人数的には操2、偵2、電2、搭整2かな?
そんなわけでまったく考えがまとまらず、下士官A、Cさんはどういう人かちょっとわからないです。

【状況】
タイトルにも書いたように、メンバーから石田さんのペアだろうと思います。数人わかりませんが。
輸送任務か何かで内地に帰って来たときにペアでお疲れ様会をやったんじゃないかなと想像。



石田さんの写真を見ていると、第四艦隊司令部附時代の飛行艇ペア、前半一緒の人と後半一緒の人がわりとわかりやすいです。
この写真に写っている人で前半一緒なのは和田さん、横山さん、井渕さん、香川さんです。
後半一緒なのは佐藤さん。
この写真はその過渡期ぐらいの写真かもしれません。
ちなみにずっと一緒なのは鈴木鉄丸さんだけ。2年2ヶ月、ペアだったみたいですよ。写真を見ていると「仲良しだったんだなあ・・・・」ってのが伝わってきます。


※画像は9期生ご家族ご提供

バナナ2018年09月07日 10時01分07秒

タイトルのネーミングセンスが壊滅的ですがご勘弁を(;´Д`)



今日は番外編。

石田さんのアルバムにこんな写真が貼ってありました。
この写真、台紙に書き込みがありまして、

モートルック島にて
輸送の少時
椰子の葉陰にて


そして氏名の書き込みがありました。

しかし、

「これって椰子?(^^;)」

さらに、

「人数、合わなくね?(^^;)」

石田さんの場所もおかしいですしね。

ほかのページを見てみたところ、この書き込みに該当する写真を別に見つけました。
それはまた今度。

とりあえず、この写真は「モートルック島の5人」写真ではないと。

石田さんは後ろの右側で葉っぱをつかんでいる人です。

この写真に名前をつけようと思ったのですが、場所・日時・写っている人・状況、ともにわからず、とりあえず壊滅的ネーミングセンスで「バナナ」とつけてしまいました。
いや、じつを言うと、石田さんがつかんでいる葉っぱがバナナかどうかもわかりません。
子どものころ住んでいた家の近くにバナナの木があって、たしかあんな葉っぱだったな、と。
で、「バナナの木」で検索したら似たような葉っぱが出てきたので、まあ、いいだろう、と(^^;)



石田さんはあんな格好なので(笑)階級は不明ですが、他の人たちは階級章が見えています。みなさん古いタイプの階級章です。
前の左は2飛曹(以前の3飛曹)。右は上飛(上等飛行兵:以前の2飛)。
後ろ左は2飛曹。

最初見たときの印象。
「後ろの左は鈴木鉄丸さんだな」←このときは「鉄丸」さんだとはわかっておらず、「いつも一緒の鈴木さん」ぐらいの感じ。
「前の2人は他の写真には写っていないな」


この写真、すごいトラップが仕掛けてあってですね。
胸の名札がかすかに読めるんですよ。
かすかに・・・・まあ、心眼を使えば、って感じでしょうか。
後ろ左の人「鈴木二」と書いてあるような気がしたんです。
それでますます「鈴木(鉄丸)さんだろう」と思ってしまったわけです。
前のお二人も一部見えます。左の人は割とはっきり「石原」が見えています。右の人はなんかごっちゃっとした漢字二文字の姓。
第四艦隊司令部附の飛行艇搭乗員かな? 前の2人はペアではないけど同隊の人かな? とか。

しばらく見ていなかったのですが、昨日だったか、これを出そうと思ってもう一度まじまじと見ていました。

そしたら、前の右の人の名札が一瞬読めたんです。一瞬ってなんやねん(ー_ー)
どういったらいいんでしょうか。視力検査で「C」の切れ目が一瞬だけ見えることってないですか? わたしはあります。そんな感じです。
「渡邊範男?」
さっそく予科練名簿で調べてみました。
ありました!
丙9期に渡辺範男さんというお名前が!
しかしこれ以上のプロフィールがまったくわからない。

あと、前の左の人も「石原」の下が「虎」のように一瞬見えました。一瞬ってなんやねん(ー_ー)
しかし、予科練名簿では石原虎●さんは見つけられませんでした。
Kさんの操練名簿にもお名前なし。

これはKさんにすがるしかない。

わかりました!!
渡辺さんは902空にいた、ということを教えていただきました。
石原虎●さんのほうは、普電練55期出身の石原虎太郎さんじゃないかと。ただし、経歴の詳細不明とかで。

もう一度名札を見たところ、気のせいかもしれませんが「虎太郎」と書いてあるように見えてきました。


「よし! 902空だな!」

すぐにアジ歴の行動調書を探しました。

ありました!!

902空の行動調書に石原虎太郎2飛曹と渡辺範男上飛!
お二人とも三座水偵の電信員でした。
しかも当時トラック島の夏島基地。

石田さんとの接点はここだと思いました。

ここでトラップに気づいたのです。
902空の行動調書に「鈴木二郎2飛曹」という人がいました。
「鈴木二郎?」

前のお二人の名札はフルネームで「石原虎太郎」「渡邊範男」と書いてあったんです。
わたしがいままでに見た飛行服・救命胴衣・防暑服・作業服に書かれた名前で、フルネームの記名って見たことがありませんでした。なので今回も最初は姓+階級が書かれていると思っていたのです。
が、わかってみると、前のお二人はフルネームで記名されていました。

ということは後ろ左の人は「鈴木二飛曹」ではなく、「鈴木二郎」と書いてある?

もう一度丹念に鈴木鉄丸さんのお顔と見比べてみました。
なんか違う・・・・。

というわけで、後ろ左の人は902空の三座水偵電信員の鈴木二郎2飛曹だ!

ということになりました。

この鈴木二郎さん、行動調書が正しければ18年5月に2飛曹に進級しているみたいです。
なので、この写真の撮影時期は18年5月以降。

場所がトラック島夏島だとするともっと限定できます。
902空の三人は5月末頃にアラカベサン(パラオ)に移動しているみたいなんで。

しかし、これがトラック島であるという根拠は何もありません。
もしかしたら、石田さんが輸送途中でパラオに寄って、そこで撮られたものかもしれませんしね。
パラオにもバナナはあるでしょう。

渡辺さんが11月には飛長に進級しているようなので、18年5~10月ってのは間違いないと思います。


この写真、「902空三座水偵電信員3人&第四艦隊司令部附飛行艇電信員石田さん」って感じでしょうか。
なぜこの4人で写真を撮ったのか。どういう人間関係かいまいちわかりませんが、トラックでは同宿舎だったとか、同基地だったとか、そういうつながりでしょうかね。
予科練の後輩、同郷、とか、そういうわけでもなさそう。



※画像は9期生ご家族ご提供

椰子の葉陰にて2018年09月08日 11時18分59秒

モートルック島にて
輸送の少時
椰子の葉陰にて


の書き込みがあった写真は、たぶんこれです。

前にしゃがむのが左が石田さん、右が大江二整曹。
後列、左から佐藤上飛曹、小林兵長、鈴木二飛曹。

石田さんの階級章は1飛曹です。

佐藤上飛曹は甲2の佐藤太郎上飛曹。

小林兵長は後の写真で出てくる「小林飛長」と同一人物か? よく似ています。
だとしたら、鈴木鉄丸さんと一緒に戦死された丙11の小林藤一郎さんかも。※Kさんご教示

鈴木二飛曹は鈴木鉄丸さんです。こちらは間違いない(^^;)

大江二整曹は不明です。


佐藤さんが上飛曹、石田さんが1飛曹、鈴木さんが2飛曹なら、18年5月~10月末までの写真でしょう。


※画像は9期生ご家族ご提供

王寺2018年09月08日 22時29分52秒

これは8月18日の話です。
片岡神社に行きました。


奈良に王寺町という町があるんですが、そこに所在する神社です。


どうしてこの神社に行ったのか?

論文を読んだんです。
どなたの、何という論文だったか忘れました。つい最近ですけど(笑)

聖徳太子の飢人伝説とか、武烈天皇の真陵について書かれていたように思うんですが・・・・もしかしたら何本か混ざってしまっているかも(^^;)
そこに片岡王寺のことが書いてあったんです。

「もしかして王寺の由来はこの片岡王寺から来ているのか!?( ゚Д゚)」 ※諸説あるようです

と、奈良住み27年にして初めて気づいたのでした。

JR大和路線に王寺という、けっこう大きな駅があります。
天王寺から王寺行の電車もあるので、大阪の人も聞いたことがあるんじゃないですか?
ここで和歌山線に乗り換えれば高田経由で和歌山行きや桜井・天理まわりの奈良行きなどもあります。
また、近鉄でも生駒(奈良線)と王寺を結んでいる生駒線という路線があります。
橿原線の田原本駅からも王寺に行けます。田原本線。
うちの町よりよっぽど栄えていて、駅前にはなんとロイホまであるんですよ!(笑)



で、片岡王寺跡の放光寺と隣の片岡神社に行ってきました。

参拝者の姿はなく、とても静かな境内でした。
暑かったですけどね(^^;)
放光寺。



もともとの片岡王寺は隣接する小学校の下だそうです。