Google
WWWを検索 ひねもすを検索

横浜市磯子の偕楽園にて2018年09月05日 06時59分01秒

石田さんはアルバムに「楷楽園」と書いていましたが、ネットで検索したら「偕楽園」が正しいようです。
海軍御用達の料亭だったそうです。古写真も出ていました。大きいですよ。


横浜市磯子の楷楽園
にてトラック島帰りの一夕
一号艇乗員

左から、香川飛行兵長(副電信員)、鈴木飛行兵長(副操縦員)、石田一飛曹(主電信員)兼(主航空士)、小松上整曹(主機関士)、大森二飛曹(副操縦員)、和田中尉(機長操縦)、松原一飛曹(主操縦員)、井渕飛行兵長(副航空士)
後列にいるのが横山一整曹(副機関士)

という配置だそうです。
わたしも飛行艇の配置はようわからんのですが、航空士は偵察員、機関士は搭乗整備員、といったところでしょうか?

この写真もおもしろいですね。
機長で中尉の和田さんは私服です。ネクタイをしています。
その和田中尉の肩に一整曹の横山さんが手をかけています。大森二飛曹も寄りかかっていますしね。中尉のいる座で脱いでいる人もいます(笑) 和気藹々って感じですね。


香川飛長・・・・香川茂さん(既述)

鈴木飛長・・・・じ、じつはですね!
わかったんですよ!!
Kさんがお仕事忙しいのに探してくださったんですよ! で、見つけてくださったんです!
石田さんと仲良しの鈴木飛長。
鈴木鐵丸(鉄丸)さんだそうです。丙4。戦死状況もわかりました。
19年5月7日、九七式輸送艇でトラックからサイパンに向かっていて敵機に遭遇したらしく行方不明、戦死認定。
台紙に書かれていたように、石田さん転出のひと月後のことでした。
これ、わたしが一週間ぐらい前にKさんに「この人たちを探しているんですが・・・・」と相談したとき即、
「(19年)5月7日に戦死された偵練16期の森栄太郎少尉のペアかなあ?」
と言われていたんですよ。
わかってみたら、まさにその通りでした。
相談した時点でわかっていたのは第四艦隊司令部附、各人の姓と階級、石田さん転勤(19年4月)の「ひと月後」、トラック-サイパン間輸送任務時に敵機動部隊機に撃墜された・・・・ということだけでした。
それを聞いて「偵練16期の森少尉のペアかな?」ですからね、すごすぎる(T_T)
森少尉のことは石田さんのアルバムにはひとことも書かれていなかったんです。たぶん石田さんと森少尉は入れ違い。
同じペアに鈴木さん、日高整備兵曹とあとお二人石田さんの元ペアの人が含まれていました。また今度書きます。

小松上整曹・・・・不明

大森二飛曹・・・・大森誠吉さん(既述)

和田中尉・・・・不明

松原一飛曹・・・・松原䪸 (民頁で一文字)さん、操練43期
19年6月4日 パラオ方面 11航艦司

井渕飛長・・・・井渕紋次さん(既述)
訂正があります。
前の投稿で、17年末の写真で善行章をつけていたので14年か13年ごろに海軍に入ったのではないかと書いていたのですが、井渕さんは15年兵らしいです。
事情はちゃんとメールに書いてありました。17月12月1日付で善行章1線が付与されているのではないかとのことで。

井渕さんは石田さんとの写真館ツーショット写真もありました。
書き込みは「井渕」「小生」のみ。
お二人とも階級章は見えません。
時期場所共に不明ですが、一種なので内地でしょうかね。

横山一整曹・・・・不明



先ほど出した「サイパン島ガラパン街にて」の写真に写っていなかったのは、和田中尉と松原兵曹、あと機関士の整備兵曹お二人ってことになりますね。
和田さんは士官やし、松原さんは操練出のベテランやし、あとのお二人は整備やしで、あの5人が気心が知れていたんでしょうかね?(^^;)
あるいは誘ったけど他の人たちは所用があって、あの5人だけで写真を撮りに行ったとか。


※画像は9期生ご家族ご提供、経歴等はKさんご教示

コメント

トラックバック