Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 岸川正人さん2018年07月10日 16時48分47秒

長崎県出身、偵察、中攻。

岸川さんは萩谷幾久男さんと同班だったようで、その関係でけっこうお写真がありました。

1学年2班

辻堂

班写真

操偵検査


2学年班写真

2学年も萩谷さんと同班のよう。

小船井写真館撮影

イスに座るのは下釜又男さん、後ろ左・岸川さん、右・萩谷さん




【飛練】
鈴鹿、相撲部

大分

【大型機講習】
木更津


おもいで
色が白くやや赤みのさした好男子。どこかきりっとした男らしい姿が眼に浮かぶ

文官教官に必ず質問する男、岸川。君の普通学への熱の入れ方は分隊随一、国会へ送ったらと・・・・惜しみても余りあり

彼が佐世保より高雄空に向かう時大黒町に私の下宿を訪ね「これが内地の最後だ」と一つ布団に一緒に寝、「まるで恋人のようだ」と下宿のおばさんに笑われたのが、一月二日。それから三月後にはすでに幽明境を異にしたのか

ファイトマン。勉強もできて、いいやつだった。鈴鹿では運動会で相撲で活躍優勝に貢献したね





以前『予科練外史』に書かれている「九期留魂録」のことをここで紹介したことがあります。

16年12月末、倉町先生が移動中の列車の中で、偶然、実施部隊に赴任する9期の中攻偵察員たちに再会したのです。
そのとき、ひとことずつ、記念に書きつけてもらいました。

岸川さんが留魂録に残したことば

笑って征途に就かん



17年4月4日   高雄空 ポートダーウィン



※画像は9期生ご遺族ご提供

コメント

トラックバック