Google
WWWを検索 ひねもすを検索

史跡 唐古・鍵遺跡2018年06月02日 09時42分49秒

田原本町、下を向いて歩いてもおもしろいです。



夢中になりすぎて、事故を起こさないよう、気をつけて探しましょう。



唐古・鍵ミュージアムから、唐古・鍵遺跡に移動しました。
どれぐらいでしょうか、1.5キロぐらい北に行ったところです。

途中、道路にこんな表示も。
この数字がだんだん減って行くのを見ながら歩いていく楽しみもあったのかな?
ここで右折をためらい(地元民の路地みたいな道に見え、行き止まりなんじゃないかと疑った)、わたしが見た表示はこれが最後でした。曲らず真直ぐ突き進み、このあと1キロ余、国道24号線沿いをダラダラ歩いていきました。24号線を北上したら迷わずに遺跡に行けることはわかっていました。

おお! 到着!
弥生環濠ファンの聖地(わたし認定)、唐古・鍵遺跡!

ミュージアムより、こっちのリニューアル感の方がすごかったです。

以前はここ、池の横に望楼が立っていただけで、あとは駐車場ぐらいしかなかったんですよ。


ちなみに2011年↓

いま↓
すっごい整備され、公園化されていました。




唐古・鍵遺跡が国史跡に指定されたのが1999年、文部省が文部科学省になったのが2001年ということで、この碑は文部省の名前が入っています。

復元環濠。

遺構の屋内展示室もありました。

プランターケースも弥生風(笑)




しかし、わたしは史跡公園は素通り(笑)
道路を挟んで斜め向かいに出来ていた道の駅・レスティ唐古・鍵。

最近できたんです。

行かねば!

と思っていました。

1階の店舗(おみやげ、地元野菜など)は素通り。

目的地は2階のカフェ!

「唐古の道の駅だぜ。きっと弥生ソフトや環濠ソフトがあるに違いない!」

ありませんでした・・・・( ;∀;)



しかたがないので、アスカルビーのミックスソフトで勘弁してやりました!ヽ(^。^)ノ
形が悪くてちょっとがっかりだったんですが、実はずっしり重くて(けっこう量はあった)、苺の味が濃くって、おいしかったです!

3階が展望台になっているというので、ちょっと上ってみました。

西側。
唐古のあたりからみる二上山って、ホント美しいです。
弥生人も見ていたに違いない。

二上山の姿にうっとり感動したあとで、東側の唐古・鍵遺跡側に移動。


「なんすか、これはっ!?Σ(|||▽||| )」
目の前電線だらけ。
しかも望楼のあたりにはご丁寧に電線に黄色いカバー付きで目隠し!Σ(|||▽||| )

上の方に、交差点から撮った道の駅の建物の写真を出しているでしょう?
遺跡側から見ても、たしかに「展望台」部分に電線がかかっています(笑)

この道の駅に、望楼の機能はないものと認定いたしました(;´Д`)



そういえば、以前、唐古・鍵ミュージアムにあった復元銅鐸。

2010年↓ そとからゴンゴン叩く春海。
銅鐸

今回、ミュージアムになかったので、どうしたのかと思っていたら・・・・
道の駅に移動していました。

これって、言っちゃなんだけど、桜ケ丘銅鐸だよね(^^;)




せっかく来たので、また公園に戻り、ちょっと見学してきました。
屋内遺構展示室。

柱穴に柱が残っています。
唐古は木製品、いい状態で残っていますよね。






これ↓2011年。

比べると、望楼もリニューアルしているようですね。

2011年の春海@唐古・鍵遺跡。右側に池と望楼があります。
唐古鍵
このころはまだかわいくて、細かったです。

春海もリニューアルしちゃって、いまじゃ・・・・。
制服のスカート、閉まらんとか!(爆)





帰る前にもう一度道の駅に寄って買い物をして、田原本駅には戻らず近鉄石見駅に。

昨日は、近鉄田原本駅→アルコカフェ→唐古・鍵ミュージアム→史跡唐古・鍵遺跡(通り抜け)→道の駅(ソフトクリーム)→史跡唐古・鍵遺跡(見学)→道の駅(買い物)→近鉄石見駅。こんな感じで。


道の駅での買い物は、
プリン。

あと、奈良交通の持ち帰り冷凍餃子。極みって書いてありました。

さっそく昨日の晩ごはんに。

肉がしっかり詰まっていて、にんにくも効いていておいしかったです。
皮も、焼いた部分はパリパリ、蒸した部分はもちもち。好きなタイプの餃子でした。
これと似たの、どっかで食べた記憶があるんですが、どうしても思い出せません。

プリンはまだ食べていませーん、今日のおやつかな(´▽`)

コメント

トラックバック