Google
WWWを検索 ひねもすを検索

飛練10期 中攻偵察 木更津大型機講習集合写真2018年05月08日 08時49分46秒

16年10月30日に大分と宇佐で飛練を卒業した偵察員の一部が、木更津航空隊に移って中攻偵察員となるべく大型機講習を受けました。
その修了写真です。
16年12月30日。


ただ、持ち主の藤原さん本人は裏に、
と書きこんでいます。

何度も言いますが、本人たちはあまり「卒業」「修了」ということばに対する区別意識はなかったように思います。




この修了記念写真に、9期生ではない人が4人写っています。

お一人は乙8期の小薬武さん
鈴鹿から飛練10期に合流したのだろうと思っています。

お一人は甲3期の篠田義雄さん
篠田さんは同期と一緒に宇佐に入隊し実用機偵察員教育を受けていて(新制度の飛練1期)、卒業が飛練10期と同時期になっています。そこで合流したのだろう、と。


あとお二人、氏名不詳者が写っています。
お二人は兵階級の人です。



「偵練の人かなあ? 丙飛の人かなあ? 乙飛以外の偵察員だったらもうわかんないだろうな」
と半ばあきらめていました。

どちらかが偵練52期の斎藤武さんという方みたいです。
写真のどちらの方かまではわかりません。

Kさんから連絡をもらって、だいぶ前にいただいた宇佐空の資料を見返してみたら、偵練52期(新・飛練4期)の偵察練習生名簿の備考欄に卒延の理由と飛練10期と同日に卒業した旨が小さな字で書かれていました。
こういう備考欄にまで注意を払ってもらって、ホンマにありがたいです。

その後、木更津で大型機講習を受けて中攻の偵察員になられたようです。


18年6月30日  702空  レンドバ攻撃





もうお一人の方に関してはまったく手掛かりがありません。
宇佐の資料を探しても、もうお一人の方に該当しそうな人は見当たらないんですよね・・・・。
時期が違うのか(宇佐の資料に書かれているより以前の期の人?)、それとも大分組なのか? それとも他の練習航空隊なのか?
あるいは木更津の大型機講習中に何か起こって、飛練10期の大型機講習に合流したのか。


※画像は9期生ご遺族ご提供

コメント

トラックバック