Google
WWWを検索 ひねもすを検索

春海、腕立てを免除される2017年10月10日 20時22分06秒

以前、ここに、春海は腕立ても腹筋も懸垂も雲梯も出来ないって書いたことがあると思います。

「10年以上水泳をやっている子が、それができないわけがない!」

と思われる方もいるかと思いますが。


わたしも、最近は、春海が「今日は朝、陸トレやった」とか「トレセン(トレーニングセンター)でやった」とか言っているので、いつの間にかできるようになっているのかもと思っていました。


なんと!

いまだにできんそうです!w( ̄▽ ̄;)w



今日も陸トレがあり、腕立てをやらされたそうなのですが、あまりのできなさぶりに厳しい顧問が、
「春海は膝をついていい」

と特別許可を与えたそうです。

膝をついて腕立てって( ;∀;)


それだけではなく、見学していた3年男子(元部長)に、

「おまえがついて、春海の腕立てを見てやれ」

と。


元部長と顧問にいろいろ指摘されたそうです。

顏を前に出し過ぎとか、腕を広げ過ぎとか、腰が落ち過ぎとか。

最終的に顧問は、

「脊柱なんとか筋がないんやな」 ※顧問はちゃんと言ったのに春海が覚えていない

と言ったそうです。



春海曰く、

「中学の時の顧問からも、腕立てのとき『春海は膝をついていい』と言われていた」

「イト〇ンのS先生にも背泳ぎのとき、腰が落ちていると言われていた」

らしいです。いまに始まったことじゃないみたい(^^;)



昔からわたしもここに、

「春海は泳ぐときに体がくねくねしている(軸がぶれる)」

と書いていますが、この脊柱なんとか筋がない(少ない)ことと関係があるのかもしれないなと思いました。



「みんながきついトレーニングをしているときに、一人だけ膝ついていいとか言われたら、みんなから『ずるい』とか言われるやろ?」

って聞いたら、

「いや、全然。『なんでそこまで腕立てできへんの?』とは言われる」

んだそうです(^^;)


自分を鍛えるのが楽しいらしく、他人のトレーニング内容に文句は出ないそうです(^^;)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック