Google
WWWを検索 ひねもすを検索

一ノ瀬俊也『飛行機の戦争1914-1945』講談社現代新書2017年09月02日 17時34分16秒

おうち仕事の最中ですが。

先日、田中三也さんの『彩雲のかなたへ』と一緒に購入しました。

もともと本屋に行った目的はこの本でした。

9期の池田和義さんの姪御さんから、
「こんな本が出ていますよ」
ってメールをいただいたんです。

注目は帯の99艦爆!

「これ、33空の機体ですよ!」

って。

ホンマや!


池田さんの最初の実施部隊、33空。

最初、写メで見たときには「33-208」と書いてあるのかと思いました。
池田さんが「208号機」と一緒に写っている写真があるので、同じ機体か!?と期待しました。

で、買いに行って、スキャンしてみたわけです。
スキャンして拡大して見たら、尾翼には「33-203」と書かれているように見えます。

池田さんが愛機ではないかと思われる99艦爆と一緒に写っている写真が何枚かあるのですが、はっきり尾翼が見えている機体は「33-207」と書かれています。
ほかに、カウリング下に「8」の数字が見えている機体とも一緒に写っています。208号機ではないかと。



池田さんとは関係ないにしても、もし、この写真の持ち主が著者の一ノ瀬先生(埼玉大学の教授らしい)なら、連絡を取ってこの写真の来歴をご教示いただけないか・・・・とも思ったのですが、帯には「毎日新聞社/アフロ提供」と書かれてありました。


中身はまだ読んでいません。
パラパラとは見ましたけど。

コメント

トラックバック