Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 立井義春さん2017年08月11日 16時00分19秒

香川県出身、偵察、中攻。
高雄空、753空、横須賀空、702空。




【氏名入り班写真】
11班


【県別写真】
香川県出身者集合写真



【横須賀班写真】
11班



【辻堂演習】
宿舎写真



【操偵適性検査】
班集合写真

飛行場で待機中



【個人写真】
霞ヶ浦海軍航空隊、一等航空兵





おもいで
「香川県といえば四宮・藤井・桑島・斎藤と皆一癖も二癖もある中に君は異色ある異色なき存在だった」

「入隊時は十二班だったね。温厚、黙々と耐え抜いた月月火水、だのに君は何処か軽妙な味を持っていた」
※立井さんは11班。





【飛練鈴鹿】
奈良行軍、春日大社


運動会



【大型機】
木更津


立井さんは鈴鹿のあとの実用機飛練が宇佐です。
飛練10期の実用機、偵察の中攻・艦上機の一部の人と、操縦の艦爆・艦攻の人たちが宇佐なのですが、宇佐時代の写真は一枚もありません。
いや、あるのでしょうけど、わたしは目にしたことがありません。見たい、見たい・・・・。
艦爆操縦(のち戦闘機転科、台南空)の中野釥さんが宇佐時代、カメラに凝っていて撮りまくっていたようなので、きっと同期生を撮っているはず、と思うのですが、残念ながら・・・・。





18年11月8日  702空  ソロモン




いわゆる第二次ブーゲンビル島沖航空戦で戦死されたわけですが、このとき702空からは7機の中攻が出撃し、2機が未帰還になっています。
自爆した1機は指揮官機で、立井さんが偵察員。
行方不明の1機には9期の牛王正明さんが電信員として搭乗していました。
牛王正明さん




無事に帰って来た5機の内、指揮官機の2番機の主操はあの小林銀太郎さんでした。
島田清守さんと文通をしていた「まむしの銀太」さんです。


海軍は本当に狭いです。



※画像は9期生ご遺族ご提供

コメント

トラックバック