Google
WWWを検索 ひねもすを検索

9期生の名前2017年08月08日 08時25分29秒

名前の読みに関することです。

たまにこの話題で書いています。
なかなかつきないです。


こういうの、Kさんが詳しくて、あっと驚く海軍搭乗員の名前の読みとかご存知です。
いわゆる難読姓の人がいて、Kさん「これは読めるぞ」と、姓は正しく読んだと。ところが、難読でも何でもない下の名前が変わった読み方をさせていた、とかあるらしいです(^^;)
いつも「名前は奥深い」と唸らされます。



ところで、島田清守さん。
わたしは「きよもり」以外に読みようがないと思って、勝手に「きよもりさん」で読んでいたのですが、ご遺族の方みなさん「きよしさん」と。
「マジかっ!?( ゚Д゚)」
あの時は本当に驚きました。
海軍の資料にも「きよもり」って振ってあるんですよ。
でも先日、本人が書いたと思われる(←筆跡から)公文書的な書類に「きよし」と読みが振ってあるのを見せてもらいましたので、清守さんは「きよしさん」であると。




最近驚いたのは、加村外三さん。
入力するときは「そとぞうさん」で変換していたんですが、「がいぞうさん」説が浮上しました。
島田さんのように、資料にそう書いてあっても実は違う、ってのがあるので、これも正しいかどうかわかりません。


上原信之さん。
「のぶゆきさん」とばかり思っていました。
「のぶしさん」説あり。


山村喜郎さん。
「よしろうさん」と呼んでいたら「きろうさん」という話も・・・・。


金田吉武さん。
「かねださん」だと思っていたら「かなださん」とかとか?
わたし、友だちに金田(かなだ)くんっているんですが、この読み方をするのはかれ一人しか知らないので、この読みはめずらしいんだと勝手に思っていました。出身地も全然違うので、9期の金田さんは疑いもなく「かねださん」だと思っていました。


立井義春さん。
「たていさん」かと思ったら、「たついさん」説。







本当のところはご遺族の方に聞かないとわからないです。



※画像は9期生ご遺族ご提供

コメント

トラックバック