Google
WWWを検索 ひねもすを検索

むにゅ2017年08月06日 20時07分11秒

今日はカレーをしました。

春海に野菜を食べてもらいたいので、タマネギ、ニンジンだけではなく、ナスやブロッコリーも。


ブロッコリーって、けっこう虫いません?
以前、房の中から数ミリの何かの幼虫が出てきたことがありました。


なので、ちょー気をつけています。
まず、買うときに、外から見て虫がついていないか。
そしてよく洗う。その時点で出てくるかもしれないし。



今日はですね(^^;)
包丁で房に分解しているときに、にょっと出てきたんですよ。
あっちが出てきたというより、包丁で切って房を取り除いたところにうずくまていたんですよ。数センチのでかいのが!
左の中指で思いきり触っちゃいました。

むにゅっと、明らかにブロッコリーと違う感触だったのでじっと見てしまったんですよね。

でっかい幼虫が丸まっていました。



ぎゃあああああああ!!!!<( ̄□ ̄;)>



↑×3か4ぐらい。

これでもかってぐらい叫びました。


叫んだだけでは飽き足らず、台所からリビングに逃走。

10000メートル泳いで疲れ果てて寝ていた春海がママの悲鳴で飛び起き、わけがわからず一緒に、


ぎゃあああああああ!!!!<( ̄□ ̄;)>



ふたりともにパニック。




「どしたん!? どしたん!?」

「ブロッコリーにでっかい幼虫がおった!! 触ってもうたー!!」

「いやー!!。゜゜(´□`。)°゜。」




冗談抜きでマジで寿命が縮みました。

いまだに左の中指にあの虫の感触が残っています。

うわーーーーーん( ;∀;)



幼虫、大嫌いなんですよ。







学生の頃も一度同じようなことがありました。

当時、おんぼろアパートの1階に住んでいました。
壁の薄い、6畳一間の単身者用アパート。
めぞん一刻みたいに、玄関が一つあって、そこで靴を脱いであがるんです。廊下の両側に部屋が並んでいて。


ある日、大学から帰って来て、窓の外に干していた洗濯ものを取りこんだら、洗濯ものにでっかいイモムシがついていたんです。



ぎゃあああああああ!!!!<( ̄□ ̄;)>




叫んだらすぐに隣りのおっちゃんが、


「どうした!? 大丈夫か!? 大丈夫か!?」

と飛んできてくれました。



学生アパートではなく、一般のアパートだったので、夜勤しているおっちゃんとか、正体不明の中年兄弟とか、タクシー運転手の夫婦?とか、いろいろいました。

隣りのおっちゃんはたぶん夜勤ありの工場勤務のおっちゃんで、あのときは昼間に家に居たんじゃないかと思います。

何度かミスドのポイントで集めた食器やバッグをもらったことがあります。
いまも食器棚に入っているんじゃないかな?
名前も知らないおっちゃんでしたけど。


壁が薄くて、隣りの男子大学生と彼女がしている声が聞こえたり、向かいのタクシー運転手夫婦が昼間からしていたり、プライバシーのないひどいアパートだと思っていましたが、幼虫事件のときだけは、

「何かあったら隣のおっちゃんが助けてくれる」

と心を強くしたものでした。




なんか今日は、名前も知らなかったあのおっちゃんのことを思い出したのでした。

コメント

トラックバック