Google
WWWを検索 ひねもすを検索

九期留魂録の中攻偵察員たち12016年07月01日 08時02分06秒

これから書くことは半分妄想みたいなもので、確証はありません。

すぐに訂正事案化する可能性もあるので、そのつもりで読んでください。




9期(飛練10期)の中攻偵察員たち@木更津


以前から、かれらのことで気になっていることがありました。

倉町先生が『予科練外史』に書いている九期留魂録のことです(『予科練外史』4「留魂録」)。
17年4月13日、土浦に訪ねて来た石井三郎さん、南弘明さん、古田保雄さんを前に、前年の年末、たまたま汽車の中で会った9期中攻偵察員たちにひとこと書いてもらった九期留魂録を広げ、戦死した同期生の話題に・・・・。

『彼らは八人の名前をあげたが、実は井上の外、この日までに十人が戦死していた。九期全体ではなく、ここに名を連ねた四十三人のうちだけで、別れてわずか三ヶ月の間に』

ここで本文に戦死者のことばとして挙げられている10人は、加藤勝正さん、本間秀人さん、蒲田栄作さん、岡田温次郎さん、植田竹治郎さん、池本忠清さん、轟木省(りっしんべんに省)さん、国本力さん、大山輝一さん、岸川正人さん。

あと、その場にいた南さんと古田さんも本文中で九期留魂録のことばが紹介されています。

さらに、そのページには九期留魂録の画像が掲載されていてそこには、鈴木俊夫さん、藤原国雄さん、小笠原武夫さん、前川重美さん、蒲田さん、中名主巽さんのことばが写っています。



このとき九期留魂録にことばを残した「43人」とはいったい誰なのか?



これは留魂録現物を見る機会がなければわからないだろうと諦めていたのですが、最近、行動調書をもとに作っている表を整理し直していて、

「もしかしたら、ある程度絞れるのでは?」

という気になって、作業してみました。




ここからがちょっと信憑性にかける話です。そのおつもりで・・・・。

飛練10期を卒業し大型機講習も終えたかれらは、全員が実施部隊へと配属されたのではないかと思っています。
木更津写真に写っている9期生は57名ですが、それに8期の小薬武さんを加えて58名ということにしておきましょう。



配属先。
※着任直後は行動調書に名前が出ていません。ある程度時間が経ってからそこに記載されるような任務に就いています。もしそれ以前に異動していたら下に書きだした配属先は間違っているかもしれません。
※太字は『予科練外史』で九期留魂録にことばを残していると確認できる人

【千歳空】
植田武雄さん
浅沼正信さん
石井三郎さん
石井雄さん
伊藤誠一さん
宮沢政雄さん
川村幸雄さん
佐々木武治さん
8名

全員横須賀です。


【鹿屋空】
鈴木光雄さん
北村貢さん
岡本清見さん
高坂浪次さん
仲野修さん
新井誠二さん
篠原藤市さん
牛澤四郎さん
藤原国雄さん
鈴木俊夫さん
三浦光雄さん
川原与三郎さん
畑中嘉夫さん
小薬武さん
14名

基本的に横須賀のようですが、なぜか呉の畑中さんが一人だけ・・・・。
もしかして、いったん他隊に着任してから鹿屋空に転勤してきたのか? ちょっとわかりません。


【1空】
北村彰男さん
前川重美さん
牛王正明さん
3名

全員呉です。


【元山空】
植松繁さん
井上三千人さん
杉野憲市さん
山村喜郎さん
金田吉武さん
高橋兼春さん
藤島光夫さん
古田保雄さん
南弘明さん
9人

佐世保+舞鶴でしょうか。
舞鶴の中攻偵察は南さんしかいないので、これが特殊な状態なのかそうではないのか判断できません。


【高雄空】
二階堂信治さん
志村実さん
本間秀人さん
小笠原武夫さん
蒲田栄作さん
植田竹治郎さん
山下員雄さん
加藤勝正さん
西本宗方さん
井上春男さん
加村外三さん
国本力さん
上原信之さん
岸川正人さん
谷村博明さん
井野久雄さん
池本忠清さん
米盛朴さん
中名主巽さん
轟木省さん
岡田温次郎さん
大山輝一さん
鶴見堅三さん
立井義春さん
24名

ここは鎮守府関係ないみたいで、横須賀、呉、佐世保がいます。
このうち17年2月10日に編成された4空に移ったのが、志村さん、本間さん、蒲田さん、植田さん、加藤さん、岡田さん、加村さん、中名主さんではないかな?


本題に戻ります。

こうして見ると、九期留魂録に名を連ねているのが、千歳空以外の航空隊――鹿屋空、1空、元山空、高雄空――に配属になった搭乗員たちであることがわかります。

倉町先生が、汽車で一緒になった偵察員たちのことを、
『明日、佐世保海兵団へ仮入団し、一部はサイゴンへ、一部は高雄へ。そこからそれぞれ分かれて任地に征くという』
と書いていることと矛盾しないと思います。
千歳空はこの頃、南洋におるんですかね。千歳空組がいつどうやって戦地に向かったのかは把握していませんが・・・・。

『予科練外史』本文でも、訪ねて来た3人のうち古田さんと南さんのひとことは紹介しているのですが、石井三郎さんのことには触れていません。
それはかれが千歳空組で、この汽車に乗っておらず、よって九期留魂録にことばを残していなかったからでしょう。


というわけで、千歳空以外の人数を足してみると・・・・50名!

「43名」とは?

わかりません。

わたしはその汽車には50名乗っていたと思うんです。小薬さんも入れて。
もしかしたら急病などで同行できなかった人がいる可能性もありますが、みな元気だったと仮定したら、50名一緒だっただろう、と。

汽車には50名おった。
しかし、何らかの事情で7名が書かなかった。
結局、倉町先生の手元に九期留魂録として残ったのは43名分。

誰が書いていないのか。
わたしの推測ではこのとき汽車に乗っていたのは鹿屋空、1空、元山空、高雄空の中攻偵察員たち。
この中で、『予科練外史』「留魂録」で、この時点(17年4月13日)で戦死しているのに書きつけたことばが取り上げられていない偵察員はいないか?
上に書いたことと重複しますが、先生は「井上の外、ここに名を連ねた四十三人のうちだけで十人がこの日までに戦死していた」という意味のことを書いています。
その10人として挙げているのが加藤勝正さん、本間秀人さん、蒲田栄作さん、岡田温次郎さん、植田竹治郎さん、池本忠清さん、轟木省(りっしんべんに省)さん、国本力さん、大山輝一さん、岸川正人さん。
この人たち以外に、この日までに戦死している中攻偵察員(鹿屋空、1空、元山空、高雄空)はいないのか?
※植田武雄さん(17年2月2日)は千歳空なので、汽車に乗っていなかったものとして除きます。


います。
井上春男さん・・・・17年2月18日、高雄空、蘭印方面。
もともと先生が井上さんの消息を3人に尋ねたことから九期留魂録の話につながっていくのですが、肝心の井上さんが書きつけたことばに関しては紹介されていません。
志村実さん・・・・17年2月20日、4空、ニューギニア沖。
一緒に高雄空から4空に異動し同じ戦闘で戦死した本間さん、蒲田さん、加藤さん、岡田さんに関しては本文中でことばが紹介されています。志村さんだけありません。

というわけで、このお二人は留魂録にことばを残していない可能性が高いです。

あと・・・・。
「九期」と名付けているということは書かなかった7名の中に小薬さんが含まれているのか?

小薬さん、井上春男さん、志村さんが書いていないとして、残り4人。
これはまったくわかりません。
たぶん、これ以上は留魂録現物を見ないとわからないと思います。






なぜ書かなかった人がいたかはもう想像するしかありません。
寝ていた。
酔っぱらっていた。
紙とペンがまわってこなかった。
時間切れ。

まあ、ここでいろいろ考えてもわかりません。



確証がないならここに書くなって話ですが、紙に書くとどこにいったかわからんようになるんで・・・・。
間違いが判明したら訂正記事を書きます。


※画像は9期生ご遺族ご提供


コメント

トラックバック