Google
WWWを検索 ひねもすを検索

予科練戦没者慰霊祭2016年05月30日 17時17分36秒

昨日は予科練戦没者慰霊祭に参列してきました。
今年で2度目です。



土浦に泊まって、同宿の方々と車で移動しました。



余裕をもって到着したので、先に隣接する予科練平和記念館の見学。

去年の夏に来たときにはまだ見れなかった零戦の模型です。
わたしは飛行機のことはわからないので、
「ほー」
と言いながら写真を撮っただけでしたが、わかる方々はどーたらこーたらいろいろ言われていました(^^;)

予科練平和記念館の企画展は吉田一さんの写真展をやっていました。
ちょっとしたスペースに、2~30枚ぐらいあったか? ラバウルの写真でした。
台南空も251空もありました。陸攻隊もありました。
7月31日まで。



慰霊祭会場の横の雄翔館にも行きました。




今年の慰霊祭は49回目なんだそうです。




自衛隊の全面協力で。
音楽隊演奏。



慰霊飛行。


海自の航空学生の方々も来られていました。
予科練生みたいでした。


今年のご遺族の代表あいさつは乙6期の佐々木孝さんの甥御さんでした。
佐々木孝さん、35空艦爆隊の。

わたし、前日の夜に、佐々木さんのご遺族のお一人(若い方)とじっくり話をする機会を持てました。
その方、数年前に実際に台湾の事故現場に分け入られたそうなんです。
そのとき撮って来られた画像を見せていただいたり、出会った人たちのことを話していただいたりしていたので、甥御さんのあいさつも一段と胸に迫ってくるものがありました。


佐々木さんのことを知ったのは、1年半前ぐらいに、山岸昌司さんの姪御さんがたまたまメールで「ご遺族の方と連絡が取れたんですよ」と話題にされたのがきっかけです。
Kさんからもらっていた35空の整備長の手記に佐々木さんのお名前が出ていて――「あ、9期の村田さんや和田さんの事故と同じときに亡くなっているんだ・・・・」
――こうして慰霊祭で実際にご遺族の方々から話が聞けたり、写真を見せていただいたり・・・・。本当に縁って不思議だなと思います。

不思議――とひとことで片づけてはいけないのかもしれないですね。間に入ってくださる方々がいらっしゃるからこそです。





慰霊祭の後は体育館に移動して食事会が行われました。

これも座席指定されていて、ご遺族の方々とは離れ離れだったのですが、なんとか、なんとかひと目だけでもと探しまわったら、藤本久夫さん(10期)の息子さんや井原大三さん(9期)ご遺族の方々と会え、再会を喜びました。

慰霊祭に来られていたのにごあいさつできなかった方々がいて、それだけが心残りです。

詳細はまた順不同になりますがアップします。

最後のレース32016年05月30日 19時15分24秒

わたしは午前中一番最初のレースだった200メートル個人メドレーだけ見て会場を後にしました。


あとは撮影を頼んで。


午後、最後のレース、200バック。

これが春海のイト〇ンでの正真正銘最後のレースです。


これも順位は下から数人目でしたが、タイムは長水のベストでした。

そもそも、この大会はいままで春海は一度も出られたことはなく、今回も標準タイムをギリギリですり抜けて出場できたので、順位は下――――の方でも仕方ないです。



個人メドレー、最初のバッタとバック(合計100メートル)のラップタイムが1分15秒47、200バックの最初の100のラップが1分16秒02やったんですよ。
あの、あの、・・・・あのバッタが入っているコンメの100のラップの方が速いておかしいやろ(笑)
ふつうに50泳いだら、バッタより断然バックの方が速いんですよ?



まあ、200メートルを泳ぎ終わったときには、もちろんコンメよりバックだけの方がタイムが速かったですが。



お疲れ様(・ω・)ノ



あとは9月まで部活の方で屋外長水のレースが何度かあります。

今回のタイムを上回れるよう、頑張りましょう。

※学校のプール、まだ工事中らしい(-_-メ)

肩書2016年05月30日 22時48分26秒

またまた肩書ネタ(笑)


今回は慰霊祭のために遠征したので、名刺はまじめな名刺だけ刷って行きました。
いままで参加した会合の中で、一番名刺交換したかも。


いただいた方は、スゴイですよ(*´Д`)

「○○司令官  海将 ・・・・」
「○○ 副官  一等海尉 ・・・・」
「〇〇 副会長 ・・・・」
「〇〇 副社長 ・・・・」
「〇〇 代表 ・・・・」
「〇〇 専務理事 ・・・・」

アーティストの方もいらっしゃいました。

な、なんか、スゴイでしょ?

「副官」ってのに飛びついちゃってですね(;^ω^)、いろいろ聞いちゃいました。
「副官ってどんな仕事をされるんですか?」
って、そこですよね。わたしが人生で初めて出会った肩書ですよ。
一緒に来られていた司令官の副官らしいのですが、先回りしていろいろ整えるのが仕事だそうです。ほーーーお。
ちなみに本職はヘリコプターの操縦士だそうです。ほーーーーお。
そのときはスーツにノーネクタイ姿で気さくな感じだったのですが、翌日の慰霊祭でお目にかかったときは海軍の二種軍装(緒飾つき)みたいな制服で、最初どなたかわからなかったんですよ。あー、昨日の副官さんだ! 思わず、
「写真撮らせてください!」
って言っちゃいました。肩から紐下げている人、実際に目の前で見たのは初めてでした。いや~ステキでした。





ちょっと話がそれました。

わたしも以前は肩書なしの専業主婦だったのですが、最近は職場の名刺と、いつも参加している会合の名刺と、基本的にこの2種類を使い分けています。

相手によっては、海軍搭乗員宴会研究家とか海軍搭乗員下宿研究家という肩書を勝手に名乗っている名刺を出すこともあります。
あ、相手によります(笑)

昨日は、いつも参加している会合の名刺基本で。

しかし、どなたに渡したのか、最後の方にはもうよくわからなくなってしまいました(^^;)





ところで。

慰霊祭の座席、あらかじめ決まっていました。
座席表をもらったので探して行ってみたら・・・・。

「歴史研究家 ・・・・様」って書いてあったんですよ。

これ、わたしが自称したんじゃないですよ!(>_<)

本人ビックリの肩書です。愛媛で「搭乗員研究家」の肩書を勝手につけられただけでも驚いたのに、もっとスケールの大きな「歴史研究家」(;^ω^)

どなたが考えてくださったのかわかりませんが、あまりにエラそうで、ビックリしました。



慰霊祭後の食事会の席でも、
って書いてありました。

どーしよー、周囲をだましているみたいで、とっても心苦しかったです(汗)

もう二度とこの肩書がつくことはないだろうと思って記念に写真に撮っておきました。



前回はこの食事会、周りが自衛隊の現役のお偉いさんばかりだったんです。わたしだけ肩書なしで、たぶん、
「このおばさん、いったい何者?」
と思われていたのではないかと。
当然、話のとっかかりもなく、ぼっち・・・・。

今年はせっかく立派な肩書をつけてもらったのですが、お隣が以前からメル友の方だったので、ぼっちにはならずに済みました。

もちろん、その方はわたしが歴史研究家でないことはご存知です。

何を話していたかというとですね・・・・。

元武器学校校長、元駐屯地司令という方だったので、春海の進路相談をしていました。

「根性と体力だけはあるんですが、頭のほうがちょっと・・・・。自衛隊、ダメでしょうか?」

はっきりは言われなかったですが、頭の方がちょっと・・・な子はノーサンキューみたいな空気でした(;^ω^)

まあ、それはそれとして。

人生の先輩として、いろいろ貴重な助言をいただきました~。

学ぶことが楽しい、ということを知るきっかけを与えてあげないと、とのことで。

たしかにその通り。

しかし、春海は手ごわいですぞ(^^;)