Google
WWWを検索 ひねもすを検索

黒すぎ2015年08月14日 08時33分24秒

春海がめっちゃ日焼けして焦げていることは散々ここに書いてきました。


昨日、レースを見に行って、なぜ彼女がこの件をまったく気にしていないのか、よく理解できました。


「みんな焦げている( ̄▽ ̄;)」


春海だけじゃないんですよ、この色。


みんながこの色です(笑)



しかもですね。


「焦げていると速そう( ̄▽ ̄)」

※あくまで「速そう」であって、「速い」ではありません




焦げているとすごく練習しているように見えるんですよね(^^;)


春海はたぶんこの色でも周囲を威圧しようとしているんでしょう。








日焼け経験者の親としては、「日焼けは百害あって一利なし」と思うから、「日焼け止め塗りなさい」と言うのですが、まったく聞き入れません。

中学の水泳授業で女子が日焼け止め塗りまくるらしいんですよ。

そしたら、授業後――プールの水の透明度がガタ落ちして数メートル先が見えなくなるそうなんです。

いわば「日焼け止め水溶液」の中で泳がざるを得なくなる、と。

肌質によっては日焼け止め必須の子もいるでしょうから、学校も日焼け止め禁止には出来ないんでしょうね。

毎日何時間も泳ぐ水泳部はたまったもんじゃないようです。

濾過装置では追っつかなかったようで、一度先生に訴えて水替えしてもらったそうです。

一度水を入れ替えると水道代数十万かかるそうなんですよ(^^;)  ※真偽不明


なので、あの子たちは日焼け止めを使わない、と。


そういう話を聞くと、あまり塗れ塗れと言えないしなー。

コメント

トラックバック