Google
WWWを検索 ひねもすを検索

民族衣装コスプレ写真2015年06月21日 08時01分23秒

気になる、この写真(;^ω^)


昨日会合に来ていた戦史研究家の方々にもひそかに好評だったこの写真。

この写真、わたしが見てわかるのは、

「写っているのは9期の偵察員だな。着ているのは東南アジア方面の民族衣装だろうか?」

ってところまでです。

それ以上のことはあえて危険を冒さず専門家の方にご教示を求めました。←いつもの他人様頼り(^^;)



某大学博物館の民族関係専門の学芸員Yさんによると、

・ジャワ島(中部から東部にかけて)の民族衣装。

・頭にかぶっているのはブランコンというジャワ更紗で象った帽子。

・腰に巻いているのはサロンという筒形の一枚布(木綿)で、前部にひだをつけて腰にしっかりとめる着用方法は典型的なジャワ人のスタイル。

・正装ではなく日常着。

・シャツと上着は民族衣装ではなく一般のもの。

・ジャワ島の農村風景が描かれたスクリーンのある写真スタジオで撮られているので、都市部で撮影されたのではないか。

というようなご意見でした。


なーるほど、なるほど( ̄▽ ̄)

インドネシアのジャワ島と聞いて、キターーーー!!と思いました。

わたしが○○さんだろうと思っているその方もインドネシア方面に行っていたはず。

ただ、ジャワ島中部~東部という点に関しては、飛行機乗りなのでその地域に限定しなくても、「今日はA基地、明日はB基地」とひとっ飛びに移動可能なので「その周辺」ということで可能性ありかなと思っています。

本人の履歴が不明なので何とも言えませんが、藤原さんと一緒に行動していたと仮定すると、藤原さんの戦歴調書には鹿屋空、高雄空、753空時代の「行動地域」にゲルンバン、セレベス、チモール島の記載があります。


もっと限定的に特定できないか?
行動調書を探したところ、あっち方面の出撃基地だとクーパンとかサバンとかありましたが、一番あやしいのはバタビア(ジャカルタ)かな?
はっきりいってわかりませんわ。
数日、休暇をもらって基地から離れることもあったかもしれないしなー。


藤原さんも同じ隊だったんですよね。よく一緒に行動調書にお名前が出ているので、分隊まで同じだったのかもしれません。同じ隊に他にも9期偵察員がいたみたいです。
同期でぞろぞろ一緒にスタジオに撮りに行っていたとしたら、あの人たちのことだからみんな民族衣装になって集合写真を撮っているような気がします(;^ω^)
さらに。この人が個人写真を撮っているということは他の人も撮ったはずなので、それも藤原さんのアルバムに在ってもおかしくはない。
しかしそれらが貼られていなかった、ってことは少なくともこの撮影時、藤原さんは同行しておらず、同期生も一緒じゃなかったのか。

お一人でこの写真を撮りに行かれたのかな?

前線の町で、一人で写真スタジオに行って、民族衣装で記念写真を撮るシチュエーションがイマイチ想像できんのですが、家族に送って「いまこんなところにいるよ」ってことを伝えたかったのかな?

ご家族にはこの写真、ちゃんと見てもらえましたか?





左手の指の怪我も気になるし。
行動調書に何か書かれていないか(攻撃中に搭乗機が被弾したとか)探したのですが、見つけられませんでした。
地上で怪我をしたのかな?

左手首に大きな腕時計(天測時計?)がちょっとだけ見えています。

右手には吸いかけの煙草を持っています。


※画像は藤原さんご遺族ご提供、Yさんありがとうございました。