Google
WWWを検索 ひねもすを検索

9期生と女性2015年06月10日 21時36分43秒

今日は↑こんなにでっかく書きたくない話題。

9 期 生 と 女 性



これぐらいでええやろ(-_-;)



ホントは書きたくないぐらいです。

が、こんなものが藤原さんのアルバムに貼ってあったんで(^^;)

搭乗員恒例! 

宴 会 写 真 ~ヽ(^^)




まだ検討途中なのでチラ見せ(笑)

女性同席の宴会写真です。

パッと見たとき、

「藤原さんが実施部隊に出てからの宴会写真だな」

と思いました。藤原さんが下士官の一種軍装&おねーちゃん同席だったので。

「たぶん中攻隊の先輩や同僚たちやろ」 →わたしが見てもわからない



藤原さんが前列右端で”まじめに”座っていたので、

「フフッ・・・・9期生は実施部隊に出てもマジメ( ̄▽ ̄)、おねーちゃんがいようがマジメ( ̄▽ ̄)」

そう思って安心していた部分もありました。


ほら、西澤さんのコスプレ宴会写真でも、9期の遠藤桝秋さんと上原定夫さんは二人で絡み合っていて、女性には目もくれていなかったでしょう?(笑)

「先に9期の集合写真を見よう」






ひととおりアルバムの写真を見終わったので個別にじっくり見ていました。

で、この写真。

よくよく見たら、藤原さん以外にもよく知っている9期生のお顔が。

それも一人二人ではなく(笑)

結局お名前がわかる人だけで操縦3名、偵察4名、お名前はわからないけど9期だとわかる人が数名。

「なんだ! この写真!!Σ(|||▽||| )」

後列に接客業と思われるおねーちゃんがいて、9期生といちゃいちゃしています(怒) あ、心の声が入ってしまいました・・・・

中にはいちゃいちゃどころか、ラブラブなんじゃないかと疑いたくなるペア(?)も。

西澤さんが接客業らしきおねーちゃんとおばちゃんを両手に花状態にしているのを見たときは、全然ドキドキしませんでした。
むしろ、男同士の友情、爽やかなそよ風でも吹いているような?(笑)
「貴様と俺」とでもいうか?(;^ω^)

ところが、今回のこの9期生と接客業のおねーちゃんの写真はなんかドキドキする写真なんですよ!

最初気づいたときは、
「うわあああああ!!!!Σ(|||▽||| )」
ってなりました。

でも、かれらももう予科練生ではないのだ、一人前の搭乗員なのだ――と自分を納得させました。

おねーちゃんといちゃいちゃしたいこともあるだろう、うん。


お名前がわからない人に何とか近づきたいので、この写真、もうちょっと検討してみます。







ところで9期生の女性関係。

予科練に入る前のことや予科練時代のことを「おもいで」に書かれちゃっている人もいます。
片思いしていた話とか、逆に女性からモテていた話とか。
中には「恋人」と書かれている人もいるので、それは交際していたってことかな?

予科練時代は男女交際は禁止だったんですよね、たしか。
家族以外の女性から手紙が来ただけでひどい目に遭ったとか何とか。

基本的に、予科練時代は「なかった」ということにしておきましょう(^^;)

しかし、実施部隊に出たらそういうわけにもいきません。

いつまでも子どもじゃないし、いつ死ぬかもわからないし。


ある搭乗員の場合、面会に行った家族が「女を知っとるんか?」と単刀直入に聞かれたことがあるそうなんですが、「知っとる」という返事が返って来たそうで( ;∀;)

まー、そうですよねー、そうそう、しかたないよねー、うん。


ある搭乗員の場合、「(新任10期生の)歓迎会だ」と、かれらを慰○所にご案内したとか何とか、10期同期会誌に名指しで書かれていました(^^;)
後輩を連れて行っておいて、「金はおれが持つからおまえらだけ遊んでこい!!」ってことはないわよね~( ;∀;)




まじめな話。

9期生の中には、結婚が決まっていた状態で戦死された方もいらっしゃいます。

実際に結婚されていて戦死された方もいらっしゃいます。
名簿上で数人だけ(5人未満)、「妻」と遺族欄に書かれている方が・・・・。

でも、もしかしたら、結婚していたけど、戦死後離縁して遺族欄に書かれていない人もいるんじゃないかと思って、ご遺族の方にお目にかかる機会があればそのことは聞いています。
いままでお目にかかった中では結婚されていた方はいらっしゃいません。みなさん、独身のまま・・・・。

遠藤秋章さんなど、戦死したとき新婚だったと書かれている書籍があったのですが、ご遺族の方に聞いたら戸籍にその形跡はないと言われていました。

藤原さんもそうですが、直接の子孫がいないので、甥や姪にあたる方々の家がお弔いしてくださっているんですよね・・・・。

9期 中攻偵察の4人2015年06月10日 23時15分37秒

少し前のことですが。

この写真のことで、戦史人物経歴研究家のKさんにずいぶんしつこくしました(^^;)
雄翔館の写真で、


前列左・蒲田栄作さん

前列右・本間秀人さん

後列左・鶴見堅三さん

後列右・鈴木俊夫さん


この写真のどこに引っ掛かったかというと・・・・。

善行章(1線)と階級章(3飛曹)は右袖にはっきりと見えるのですが、左袖に特技章が見えません。いくら目を凝らしても、特技章が見えません。

「鶴見堅三さんは実用機飛練は博多。他の3人は博多写真に見当たらないし、宇佐名簿にもお名前がない・・・・ということは大村?」


『(博多での爆撃練習場面)最初に中尾の直撃が出ると、柄本先輩は
「そうか、中尾が直撃を出したか。パイン罐第一号か、お目出とう」と、鷹揚にかまえていた。つづいて、鶴見練習生が直撃をだした。
「直撃第二号か、お前たちのクラスは、爆撃の方も相当なもんだな。思ったより上手らしい」と、まだ余裕があった』(本間猛『予科練の空』光人社)
その後も直撃を出し続け、結局、
「爆撃で、お前たちに教えることは何もない、すきにやれ」となるのですが・・・・(;^ω^)


博多集合写真にお顔は見つけられなかったのですが、この記述からわたしは「鶴見さんは実用機飛練は博多」だと判断しました。




この4人が下士官一種軍装で一緒に写っているということは、飛練卒業後、大型機講習時代(木更津)か実施部隊に出てから、ということになります。


「なら、どうして特技章がついていない?」

そこに引っ掛かってKさんにしつこくしてしまいました(^^;)

「操縦専修生は実用機飛練を卒業したときに特技章をもらっているみたいなんですが、偵察専修は違うんですか?」

ってことです。

いろいろやりとりがあって、Kさんからは、

「実用機飛練を卒業したときにもらっているはず」

みたいなお返事をいただきました。


おかしいなあ~、何か事情があって特技章だけ外していたんだろうか?


モヤモヤしつつ解決しないままだったのですが、藤原さんの写真の中にこれの答えがありました!(^o^)

Kさん! 解決しましたよ!ヽ(^。^)ノ


この写真です。

飛練十期偵察専修生の修業写真です。
大村での実用機教程。
※のちにこの場所は大分空であると判明しました。以下、「大村→大分」で。


要するに、偵察専修生総員から博多飛練写真に写っている人たちと宇佐実用機飛練名簿の人たちを差し引いたメンバーです。

まだ検討中です。
下士官に任官後なので、どの人が練習生でどの人が下士官教員かまだ判別できていません。なので、人数も不明。

ですが!

冒頭の写真の4人を見つけました!

蒲田栄作さん

本間秀人さん

鶴見堅三さん

鈴木俊夫さん


鶴見堅三さん!

鶴見堅三さん!!


大村じゃないですか~。

本間さんはきっと鈴鹿時代の思い出と混同したか、別の誰かと混同したか?



ということは、冒頭の写真は下士官任官記念写真かな?
かれらは16年10月1日に下士官(3飛曹)に任官しました。

大村実用機飛練の卒業が「16年10月31日」と写真に書かれているので、3飛曹任官から特技章がつく卒業までの間、16年10月1日~30日に大村で撮られた写真なのでしょう。

※実用機飛練の卒業日時に関して。
羽藤さん(戦闘機操縦・大分)は30日卒業で特技章もその日に授与。井原さん(艦爆操縦・宇佐)も30日卒業(のち戦闘機に転科)。
坂田さん(偵察・博多)は31日卒業。
操縦が30日で、偵察が31日なのか? それとも練習航空隊によって違ったのか?
各練習航空隊卒業の人の履歴を見ないと卒業が30日なのか31日なのかわかりません。
木更津(中攻操縦)の卒業が30か31日かは現時点で不明です。



※画像は雄翔館、藤原さんご遺族ご提供