Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 河合敏さん2014年12月23日 09時25分44秒

河合さんは藤代さんと1学年時に同班(15班 手記に氏名入り班写真が掲載)。
おかげでわりと早くからお顔が認識できていました。

さらに、同じ班に石川茂さんもいたために、写真も結構あります。

さらに。
雄翔館に遺影がありました。
実施部隊に出てからの河合さんでしょう。



長野県出身。中攻操縦。
戦死時751空。


【東京行軍】




【葉山自転車行軍】


【14年紀元節15班】


【操偵適性検査】




【操縦専修生集合写真】
2空

【ラグビー優勝集合写真】


【整備実習集合写真】


【操縦専修生集合写真】
1空

激ヤセして別人みたいになっていますよね。
この頃すでに体調が悪かったのか。



卒業時の寄せ書き



現段階では河合さんは予科練は9期生と一緒に卒業したものと認識していますが、いつの間にか飛練は16期(乙10期中心)にまわっていました。


【飛練・谷田部】

10期生会誌に書かれているとおりこれが練習機・谷田部の卒業写真だとしたら、16年11月時点で河合さんは1等飛行兵。
※9期生は16年10月1日に3等飛行兵曹(下士官)に進級


その後、宇佐の飛練16期中攻操縦専修生の名簿に河合さんのお名前があり、備考欄に病気のことが書かれています。手術が必要だとか。






「おもいで」
入隊時同班。いつもニコニコしていたね。赤松教員との頃(一年)が懐かしく思い出されるよ

数年も年上の兄貴という感じだったが、トンツーはお互いに特班の常連だったな




『予科練外史』(倉町秋次)にも乙16期生が書いた河合さんのことがでています。

『一時温習止め五分前になる頃、室の扉が開いた。何気なく音のする方を見ると、教官が先輩を連れて来られたのだ。一日も忘れたことのない「河合さん」であった。
「あッ」と思わず叫んだ。幼い頃、毎日棒切れを持って遊び、毎朝、連れられて小学校に通った河合さんだ。音信は昨年の十二月から絶えて、消息がわからなかった。その人が忽然とここに現れたのだ。休み時間に十九期の松本を呼んで三人で語り合った。河合さんは家の西隣
松本は東隣である。会えたのは一刻であったが、三人顔を合わせ得た事が嬉しい。話したいことは山ほどあっても出て来ない。河合さんの元気な声と、顔を見るだけで嬉しかった。最後に、
「元気でやれ。また、どこかで会おう。」
と言われた。早く立派な搭乗員になりたいなァ、と痛感した。松本も同じ思いだったろう』




18年9月20日  751空 ソロモン


行動調書は「18年9月19日」に記載されています。
出撃は19日ですが、日をまたいでの攻撃になり、河合さんが戦死されたのは20日です。


※画像は雄翔館、9期生ご遺族、10期久保伊勢市さんご提供

コメント

トラックバック