Google
WWWを検索 ひねもすを検索

飛練10期 筑波のあるペア2014年08月05日 15時11分59秒

先日、立ち読みした本に飛練10期生と教員のペア写真が載っていて、その本を買ってしまった、という話を書きました。

あのときは、「本の写真なので、見たい人は本屋で見て」みたいなことを書きました。

あのあと、写っている教員の山岸昌司さんのご遺族の方にこの写真のことを問い合わせたら、写真を送ってきてくださいました。

公開を快諾していただいたので、ここで公開します。





山岸昌司教員と、飛練10期生。
後ろはもちろん練習機です。

飛練10期の筑波空での練習機教程は15年12月~16年5月まで。


椅子は教員の山岸昌司さん。長野出身。
乙6期で、9期生の先輩です。
のち翔鶴の艦攻隊。
17年10月26日、南太平洋海戦で戦死したときは、9期の村上守司さん(電信員)のペアの操縦員でした。


後ろの練習生は左から、
大石芳男さん
静岡、戦闘機、20年5月4日 205空 神風特別攻撃隊第十七大義隊 宮古島南方海域

高島巌さん
兵庫、中攻、18年11月27日 752空 ミレ島近海海域

阿部健市さん
大分、戦闘機、戦後生存

上原定夫さん
広島、戦闘機、戦後生存




阿部健市さんの高島さんへの「おもいで」
「筑波空で上原と三人同ペアで仲良く頑張ったネ」

同じく阿部健さんの大石さんへの「おもいで」
「筑波では一時期同ペアで励んだ」

大石さんはどうやら一時的にこのペアに組み入れられたような?




山岸さんの当時の日記も一緒にお借りできました。
山岸さんは彼らのことを”練公”と呼んで、自分のことのように一喜一憂。

まだ3分の1ほどをさっと目を通しただけですが、すでに何回か泣かされてしまいました。

日記には意外な人まで登場していて!
本当にもうびっくり仰天です。
一般の方です、わたしもお目にかかったことのある。
まさか山岸さんの日記にその人のことが書かれているとは夢にも思いませんでした。また今度。


※画像は山岸さんご遺族ご提供