Google
WWWを検索 ひねもすを検索

『大和路を訪ねて』32013年07月25日 17時52分14秒

鈴鹿の偵察専修生たちのアルバムには、個々の写真にキャプションはありません。
「大和路を訪ねて」と書かれたページにも。

「奈良なんだなあ」
というのはわかるけど、どこかは自分で考えろ、と(^_^;)

よーし、特定してやる。


先の2枚はすぐにわかりました。
世界遺産ですからね、春日大社と興福寺。

あと2枚あります。

1枚には石碑が写っています。
「橿原神宮」と書かれた石碑。
なので、これは別に調べる必要なし。


問題はこの1枚です。

さて、どこかな。
パッと見て、
「神社の門だろう」
とは思いました。

それも、こじんまりしたところではなく、かなり大規模なところ。

屋根が檜皮葺なのも特徴になるかな。

ネットで検索して探してみたのですが見つからず。

諦めかけていたのですが、石碑の写真を探して手持ちの橿原神宮の写真を見ていたら、これと同じ場所が写っていました。

橿原神宮の北神門です。

今日、行って、同じような角度で撮ってきました。
こんな感じでしょうか(^_^;)

ここに飛練10期偵察専修生となった乙9期生たちがわらわらっと並んでいたんだなあ。
昭和15年。
73年前。

昭和15年という年は皇紀2600年。
橿原神宮にとってもこの年は大事な年でした。大規模造営を行っています。
この北神門、造営自体は大正4年だそうですが、大正14、5年の見取り図には現在の位置になく、もしかしたら移築された可能性も。
(対応して下さった神職さんも、そこまではちょっとわかりかねます、とのことでした)

屋根の檜皮は昭和15年に葺き替えているとのことでした。

ちなみにいまは銅板葺き。
檜皮はなかなか原料が揃わないそうで、数年前に銅板に葺き替えられたそうです。



畝傍御陵前駅方面から続く参道からみた北神門。



『大和路を訪ねて』42013年07月25日 19時35分22秒

これは「橿原神宮」と書かれた石碑をバックに。
左端には鳥居も見えています。
清水巧さん、宮本一さん、笠井繁雄さん、野田実さんなどのお顔が見えます。

たぶん、ここだろう、と。

でも、なーんか、鳥居と石碑の距離感が上の写真と合わないような・・・・?(^_^;)

参道周辺の木々の様子が違うって理由ではないですよね。
昭和15年の写真では鳥居はもっと左に寄っているように見えます。


石碑は間違いなくこの石碑。

神職さんに聞いてみたところ、この書体の石碑はここにしかないそうで。

「鳥居を動かしたんですか?」
「鳥居は動かしていないと思う。もし、動かしたとすれば石碑の方ではないか」
とのこと。
たしかに。鳥居を動かすということは参道も動いているということ? ナイナイ(ヾノ・∀・`)


帰りに同じ場所を通って、石碑の根本を確認してみました。


うーん、めちゃくちゃ移築しているっぽいぞー!!(^◇^;)

たぶん動いたのは石碑の方ですね。
石碑の後ろと右側に低い石垣&植栽があります。
もしかしたら、それを作るときに石碑を動かしたのかも?   と想像してみました。

石碑の裏面には、
『大正十四年四月三日』
の文字。