Google
WWWを検索 ひねもすを検索

春海、丹次郎を救う2013年04月22日 00時24分25秒

春海がブログに書けってうるさいんでね。

ま、春海のお手柄です。


実はここに書かなかったけど、何日か前、丹次郎にエサをあげようとしてガラスの蓋をずらしたら、留めているクリップが外れて、ガラス蓋が垂直に水槽の中に落ちました。


こんな感じです。

もう少しで丹次郎を裁断してしまうところでした(ToT)



そのときは、やれやれ、で終わっていたのですが・・・・。


今日、丹次郎水槽の水替えをし、蓋も拭きました。

そのとき、蓋が割れているのに気づきました。
割れているというより、欠けているというべきか。

まさか、ガラス片が水槽の中に落ちた!?Σ( ̄ロ ̄lll)

丹次郎はめちゃんこ食いしんぼうで、暇があると底砂をつついています。ときには底砂をほおばってボーッとしていることも。

「やばい・・・・丹次郎が誤ってガラス片を口に入れたら・・・・ゾゾゾゾー( ▽|||)」


必死で探しました。
菜箸で底砂を引っかき回して必死で探しました。
でも見つかりませんでした。

「しかたがない。明日、底砂を全部引き揚げて一粒ずつよるか・・・・」


明日やることにして、今日はもう諦めました。

夜11時前になって、明かりの消えた丹次郎水槽を見ていた春海が、
「ママ!! 来て! 見つけた!」

指差すところを見てもママにはわかりません。
「ちょっとこれでつついてみて」
菜箸でつつかせてはじめてわかりました! ありました!

水槽の奥の端っこに落ちていました。

丹次郎がそこに行こうとするのを春海に防いでもらいながら、ママが手を突っ込んで回収しました。
これ。

細かく砕けてなくてよかったわ~



(たぶん)
「はーちゃん、ありがとう」
と言っている丹次郎。

コメント

トラックバック