Google
WWWを検索 ひねもすを検索

新田原基地訪問2013年04月12日 18時42分33秒

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、先週末、宮崎に帰ったのは、新入り猫のはなちゃんに会うためではなく、新田原基地を訪問するためです。

と言っても、わたしは「どさくさに紛れてついていった」と言った方が正しいかも(^◇^;)

元海軍・戦闘301飛行隊のK上飛曹、愛媛の零戦搭乗員会会長さんや、藤本さん、佐伯さんといった元搭乗員の方々が、新田原基地301飛行隊に招かれたのに便乗してついていったのです。


みんなで一緒に宮崎入りするかと思いきや、同じ飛行機だったのはK上飛曹と春海の3人だけ。
搭乗待合室で待ち合わせてK上飛曹と落ち合いました。

今回はたぶん現役パイロットの方々が、元搭乗員さん方とたくさんお話しなさりたいはず。
「K上飛曹と話をするならここしかない」
と踏んでいた搭乗待合室と機内。

ああ・・・・愛の逃避行・・・・(*゚ー゚*)

いや、愛の逃飛行~~~(((((((*^o^*)

春海が邪魔だけど。





で、いきなり、ホリブンの新情報ゲットーーーーー!!!!!(・∀・)
K上飛曹、↑こんな時計をしておられました。
レプリカらしいんですが。もらったそうです。

「この時計、同じものをホリブンがしててなあ」

「何でも准士官以上だけ持っていたらしい」

とのこと。

なので、飛曹長進級後のホリブン・堀分隊士がこれと同じ時計をしていた、と。



さらに。
伊丹から宮崎までの空路1時間ほど、独り占めしてお話をたくさん聞いてきました(ときどき春海の邪魔が入る・怒)。

まさかとないだろうと思って聞いてみたこの質問。
「K上飛曹は、戦後、ホリブン操縦の旅客機に乗ったことはないですよね~?」

「ある! ある、ある! 一度だけあるんや!」

「ええっーーーー!!!!((((((ノ゚⊿゚)ノ」

びっくり仰天!

「ど、どんな感じでしたかっ!?」

「それがなー、わかったのが着陸する直前でなあ。どんな感じとか覚えてないなあ」
とのこと。

伊丹ー羽田ではなかったそうです。伊丹とどこか地方を結ぶ便でたまたま乗り合わせたそうです。

ええなあ~


いつもはコワイばっかりでいつまでも着かない宮崎ですが、K上飛曹との愛の逃飛行(春海つき)は無慈悲にもあっという間に終わってしまいました。

宮崎空港到着~。


宮崎空港では、先着していた東京や大阪からの若い人たちが待っていてくれました。

ママはまず、迎えに来ていた母親に春海を渡しました。
そのとき、一緒にいたK上飛曹も来て下さり、うちの母に、
「いつもお世話になっておりますKです」
とご丁寧に・・・・。
そのときはうちの母親も、
「こちらこそお世話になりましてー」
とあいさつをしていましたが、あとで家に帰ったときに、
「空港であいさつしてくれた人がもしかしてゼロ戦に乗ってた人?」
と聞いてきたんで、何もわかっていなかったんだなー(^◇^;)
そうだって言ったら「あらーーーー」と驚いていました。


一行は車に分乗して一路新田原へ。
※画像は6日。

基地到着寸前でちょうど1時をまわり、戦闘機のエンジン音がし始めました。

ああー、新田原だなあ~という感慨に浸りながら基地へ。


つづく

コメント

トラックバック