Google
WWWを検索 ひねもすを検索

一木利之3飛曹2013年04月12日 08時55分16秒

今日は3飛曹時代の一木さんのお話。

一木さん、何かの本の表紙裏の地図に、ご自身の戦歴を書き込まれていました。
12年の支那事変からはじまって、20年の終戦まで戦い続けたあとです。

そんな中に、一つだけ「× 不時着」の印がついている場所があります。
ボルネオ島の中程でしょうか。

全然知らなかったのですが、一木さん、燃料切れでジャングルの中に不時着したことがあったそうです。

ボルネオ島なので、台南空時代かな。

と思って行動調書を探してみたら、あやしいのがありました。

17年2月27日。
バリクパパンからの「輸送船団上空直衛」任務・6直。1430発進。
1番機・和泉秀雄2飛曹、2番機・一木利之3飛曹、3番機・渡辺政雄1飛。
3機揃って「行方不明」と書かれてあります。

結局、3機とも無事だったようなのですが。

これじゃないかなー。


ただ、不時着したときはどうも単機だったようで。
一晩、飛行機の中で過ごしたそうです。
翌日、現地の人に発見され、
(そのとき「だんなさーん、だんなさーん」と呼びかけられたらしい(^_^;))
近くの陸軍さんに通報してくれて助かったそうです。
現地の人たちは陸軍さんからたくさんおみやげをもらったそう。

基地に戻ったら、自分は死んでいたことになっていたそうで・・・・。


でも、ご無事で何より。


ちなみに、不時着が2月27日のことだとしたら、一木さんが救助された2月28日は22歳の誕生日です。



不時着の話になったので、
「一木さんは落下傘降下は経験されたことがあるのですか?」
と尋ねてみたら、
「落下傘は持たん」
と!( ̄□ ̄;)

たしかに、手記や戦記などで「捕虜になることを恥じて落下傘は積んでいなかった」という記述を読みますが、よく話をしてくださる藤本さんや笠井さんは落下傘はちゃんと積んでいたんですよね。
※藤本さんは落下傘降下経験あり

搭乗員さんご本人から「落下傘は持たん」という証言を聞いたのは初めてだったので、
「うわああ・・・・本当だったんだア・・・・」
とショックを受けました。
機体に何かあったら、うまいこと不時着するか自爆するかしかなかったんでしょうねえ・・・・。

こんな状態で生き残れたって、奇跡としか思えません・・・・。

コメント

トラックバック