Google
WWWを検索 ひねもすを検索

次の記録会2013年01月13日 10時38分38秒

春海は今日記録会に出かけております。


机の上に、次の記録会(2月下旬)の同意書が放ってありました。
最近、ママには見せんのよね(-_-;)

50バック、50フリー、100バックでした。


ご存じですか?
水着って消耗品です。

わたしなんかは学校の授業で泳ぐだけだったので、”スクール水着”、”サイズが合わなくなるまで”、だったのですが、春海の場合、競泳用、サイズが合わなくなる以前に、水着が消耗して着れなくなってしまいます。

水着の消耗って・・・・?

生地がメッシュ状になります。
別にスライダーして摩擦でお尻に穴が空いたとか、そんな話じゃないですよ(^_^;)

たぶん日々の練習時の塩素や洗濯で傷むんじゃないかと。
生地の間から白いモノがポロポロと取れてきて、気付いたらメッシュ状になっているのです。

水着を明かりに透かしてみたら↓
左側がメッシュ状になっている部分です。破れそう。向こうが透けて見えます。
右は正常部分。

数日前に1枚がなっているのに気付いて他もチェックしたら、もう1枚がこんな状態でした。
着用禁止令を出しました。

ふだん練習時には着やすくて泳ぎやすい水着を着ているようで、同じモノを繰り返し着ています。
なので余計傷みやすいみたい。

お気に入り2枚がこんなになってしまっているので・・・・。

でもいまさら新しい水着を買ってやるのも・・・・。

梅林義輝『海鷲 ある零戦搭乗員の戦争 予科出身・最後の母艦航空隊員の手記』2013年01月13日 17時38分47秒

昨日本屋さんに行ったら書棚に並んでいたので買ってきました。

梅林義輝さん(甲10期)の『海鷲 ある零戦搭乗員の戦争 予科出身・最後の母艦航空隊員の手記』。

この手記の存在は、去年の年末ごろから、周囲の戦史研究家の方々からちらほらと聞いておりました。

梅林さんは愛媛出身。
K上飛曹の同期生で、藤本速雄さんの元同僚の方です。

ご本人は2005年に亡くなられているのですが、生前私家本として公表されていた手記を、今回再編集、潮書房光人社から出版したようです。

編集に携わった方から、
「読んでいるとぼた餅が食べたくなる手記」
と聞いていました。

わたしが読んだ部分ではまだぼた餅は出てきていませんが(^_^;)


予科練・飛練時代の記述も充実しています。
連休明けたらお茶とぼた餅をスタンバイしてじっくり読もうと思います。