Google
WWWを検索 ひねもすを検索

山崎さんの人間関係 ―台南空時代―2012年09月07日 12時35分10秒

また自分がうれしいだけの記事書いとる!って笑わないで下さいね(^_^;)
そもそもそういう主旨のブログです(笑)

別に山崎さんだけではなく、この手の話↓はどなたのバージョンでもすぐ出てくるような資料を作っています(台南空に限る)。
変態ぽいから黙っていたけど(^_^)ゞ

今日は山崎さんバージョンで。


【山崎さんをめぐる人間関係】


山崎さんは12年に海軍に入っています。もと整備。
台南空には12年入隊の、いわゆる山崎さんの”同年兵”が何人かいます。

古森久雄さん(操54)、柿本円次さん(操47)、石川清治さん(操48)、本田敏秋さん(操49)、米川正吉さん(操56)。
あと、階級からの推測ですが、松田武男さん(操56)や一木利之さん(丙2)、前田芳光さん(丙2)も12年入隊の人かなあと・・・・。

この中で石川さん、米川さんは前の4空から山崎さんと一緒で、「トリオでよくふざけた」そうです(by 石川さん)
石川さん

米川さん

「おい、イチロベイ( ^o^)ノ」
「たのむからイチロウといえよ(-_-;)」
「だって貴様イチロベイじゃないか(^▽^)」

ママも昔は自分の名前に「子」がついているのがとってもいやでしたが、山崎さんも「平」がついているのがいやだったんでしょうかねえ?
でも、ママが「子」がいやだったのとは全然理由が違うのかも知れません。山崎さんのお名前は比べものにならないぐらい重い名前かも?

とにかく、12年入隊の人たちが山崎さんの海軍同期生。
一番気を許せる戦友だったのではないでしょうか。

入り口は違うけど、やはり12年に海軍に入っている人たち。
海兵68期・・・・大野竹好さん、結城国輔さん、村田功さん
甲飛1期・・・・大島徹さん





操練の同期生たちもいます。54期。
岡野博さん(13年)、水津三夫さん(14年)、山本健一郎さん(14年)。
岡野さん

山本さん

こちらは同期生と言っても、あくまでも飛行機乗りとしての同期生なので、おそらく上下関係があったはず。
上の三人のだれかが、
「おい、山崎( ^o^)ノ」
「たのむから山崎さんといえよ(-_-;)」
「だって貴様操練同期生じゃないか(^▽^)」
って会話はありえなかったと。
いくら山崎さんが「温厚で優しすぎる」人でも、これはないでしょう。
12年の山崎さんと14年の人では海軍歴が2年も違うので、操練同期生とはいえ「山崎さん」とか「山崎兵曹」とか、そんなお付き合いだと思います。
もしかしたら「期長( ^o^)ノ」って呼んでいたかも?(笑)




次に娑婆での同級生。
エース列伝によると山崎さんは大正9年5月5日生まれ。
台南空で誕生日がわかっている人で同級生は、大野竹好さん(兵68、大正10年1月18日)、遠藤桝秋さん(乙9、大正9年12月20日)、堀光雄さん(乙10、大正10年3月4日)。
なんかすごいぞーーー(*^_^*)
大野さん

遠藤さん

堀さん

17年に21とか22なので、たぶん、隊の主力ですよね。
誕生日がわからないだけで、他にもいらっしゃるんだろうと思います。


海軍における人間関係にとって、”年齢(学年)”がどれほど影響があるのか全くわかりません。
いまだったら、年齢(学年)を聞いて、
「同学年!?」
と大いに打ち解けるってことはありますよね。

でも海軍で・・・・。少なくとも、大野中尉との間で、
「おお! おれたちタメだな。仲良くしようぜ」
という会話は全く想像できません。というか、ありえないでしょう(-_-)
※ちなみに251空の林喜重中尉(兵69)もこの人たちとタメ。

下士官のお二人は・・・・。
海軍入隊は遠藤さんが13年6月で堀さんが13年11月、台南空当時お二人とも3飛曹なので、12年入隊、2飛曹(17年5月進級)の山崎さんから見たら後任者ということになります。
山崎さんは操練、二人は乙飛(予科練)と出身も違うので・・・・特別気が合えば仲良くしていた可能性はありますが・・・・
ま、正直、わからん、というところでしょうか(^_^;)





山崎さんは台南空の前は4空です。
4空から一緒に転勤(台南空に編入。編入時時期に数日の時間差あり)した人たち。
(※の人は、4空行動調書にお名前がないけど、その他の要素から4空→台南空では、と推定)

河合四郎さん(兵64)、吉野俐さん(乙5)、西澤廣義さん(乙7)、大島徹さん(甲1)、吉田元綱さん(操44)、吉江卓郎さん(甲3)、宮運一さん(甲4)、丹幸久さん(甲4)、酒井良味さん(甲4)、伊藤務さん(甲4)、奥谷順三さん(甲4)※、石川清治さん(操48)、米川正吉さん(操56)、羽藤一志さん(乙9)※、木村裕さん(乙9)、新井正美さ ん(乙9)、熊谷賢一さん(乙9)※、鈴木松己さん(乙9)※、後藤龍助さん(乙9)、国分武一さん(操49)、水津三夫さん(操54)、山本健一郎さん (操54)※、丹治重福さん(丙2)、小林民夫さん(丙2)


河合さん

西澤さん

吉田さん

宮さん

羽藤さん

木村さん

新井さん

熊谷さん

国分さん

”ラバウル台南空”はもともとラバウル(ラエ)にいた4空戦闘機隊と、”もとから台南空”(いわゆる『大空のサムライ』の坂井さんとか、笹井中尉とか)が17年4月に合体した航空隊です。
派閥・・・・とまではいかなくても、何となく”もと4空”、”もと台南空”ぐらいの空気はあったかもしれないなあーと想像しています。




次に同郷者。
山崎さんは東京出身です。

台南空で出身地がわかっている中で東京出身は・・・・。
河合四郎さん(兵64) 府立四中(現・都立戸山高校)
山下丈二さん(兵66) 東京高等師範付属中(現・筑波大学附属高校)
笹井醇一さん(兵67) 府立一中(現・都立日比谷高校)

だそうです。

山下さん

笹井さん

4人で「ラバウル台南空東京府人会」を開催したようには思えないですよね(^◇^;)
もし、そんな会合が開催されたとしたら、気ぃ遣いの山崎さんのことだから席を温める間もなく、みなさんのお世話(幹事)で走り回っていたことでしょう。

わたしが聞いたかぎり、どなた(下士官)も、
「士官の人とはほとんど交流はなかった」
と言われるので、4人での「ラバウル台南空東京府人会」結成はなかった、ということで(^_^;)

河合さんや山下さんのお住まいがどこかまでは知らないないのですが、山崎さんは檜原村。
画像検索してみたら、結構緑豊かなところ。山崎さんは”山の子”です。
仮に「東京出身か!?」ということでお話をされたとしても、上のお三方とは話(地元ネタ)が合わなかったんじゃないかな?

そういう意味では同郷?の人たちより、西澤さんや遠藤さん、羽藤さんたちの方が話が合ったかも?

※写真は武田信行氏ご提供

コメント

トラックバック