Google
WWWを検索 ひねもすを検索

山崎市郎平さんの写真2012年08月29日 12時55分08秒

大正9年5月5日生まれ。東京檜原村出身、12年志願兵、整備。
操練54期、横空、4空、台南空、251空の「不時着の神様」山崎市郎平兵曹。

写真を送っていただきました。

ビックリするぐらい鮮明です。

操練54期は15年4月~らしいので、たぶん、この写真は15年4月~16年4月(その中で一種を着る季節)の山崎さん。
12年志願兵は16年5月1日に下士官に任官しているそうです。

もっと絞れんのかって歯がゆいですが(^_^;)

そうなんですよ。情報がね、軍帽のペンネントしかないんです。
どうやら「○○海軍航空隊」と書かれているようだというのはわかるのですが、いくら顔を近づけても、いくら右側から覗き込もうとしても、○○の部分が見えません(T_T)
「や、山崎さん、もうちょい、こっち←見て」
○○がわかればもう少し時期が絞り込めるのですが。
(15年4月23日霞ヶ浦航空隊、2ヶ月後筑波航空隊、7月26日百里ヶ原航空隊、12月26日大分航空隊 ※吉田さん手記)



それにしてもりりしくてかわいらしい感じで写っています。
大正9年生まれだったら、これでも二十歳か。色白いのかな・・・・ってひとりごとですよ。

※と、お昼にこれ↑を書いたのですが、操練以前の写真かも・・・・という気がしてきました。
山崎さんは整備出身なので、操練以前でも航空隊勤務だったらこのペンネントもありなのかな?
16年頃整備兵として航空隊に勤務していた丙飛出身の搭乗員さんに聞いたら「当時ペンネントは大日本帝国海軍だった」と言われていたのですが・・・・。



こちらは16年5月の山崎さん。
いきなり一ヶ月に限定!
つーても、自分で割り出したんじゃないですよ。
知人(複数)に見てもらったところ、「左袖につけているのは整備のマーク」「12年志願兵の下士官任官は16年5月1日」「操練54期が航空に転科するのは飛練卒業時(16年5月26日)」らしいのです。
この山崎さんは「すでに下士官に任官しているけどまだ航空に転科していない」ということで、16年5月1日~26日頃の間(大分)の撮影じゃなかろうか?

こっちは下士官の貫禄というか、何というか、それなりに大人に見える山崎さん・・・・ひとりごと。


で、このようにはっきりとお顔がわかる写真をいただいたので。


ずいぶん前に、
「台南空8月4日集合写真に山崎さんも写っているはず、でも見つけられない」
と書いたところ、同志(?)であるにゃあさんが、
「最後列の左から7人目はどうでしょう?」
とコメント入れてくれたことがありました。

そのときは、
・山崎さんのお顔が精細にわかる写真を持っていなかった
・当の8月4日集合写真も書籍でしかみたことがなかった
ので、せっかくのコメントだったのですが、
「うーん???」
みたいな返事をしちゃっているんですよね(^◇^;)

めっちゃ時間がかかりましたが、あのときいただいたコメントの返事を改めてしたいと思います。


古い順に並べてみました。
左2枚は上の通り。次は台南空時代、17年6月20日、ラエ、2飛曹。次、台南空8月4日集合写真の「最後列左から7人目の人」

にゃあさんに言われたときは「うーん???」だったのですが、あらためて見比べてみると、下士官一種の山崎さんと、8月4日集合写真のヒトはよく似ている気がします。


『日本海軍戦闘機隊』【エース列伝】では上写真の右端の人は森浦東洋男3飛曹(乙9期)ということになっていますが、森浦さんはここ(ラバウル)にいるはずないので森浦さんではない、と。

最後列の真ん中あたりという立ち位置も、山崎さんがいておかしくない場所。

他の写真で見ると、山崎さんは小柄そう。

ということから、
「にゃあさん、8月4日集合写真の最後列左から7人目はたぶん山崎さんだわ( ^o^)ノ」

※左2枚は山崎さん関係者の方、右2枚は武田さんご提供。

コメント

トラックバック