Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 羽藤一志さん2012年08月18日 00時29分45秒

乙9期のことにのめり込むきっかけになったのは羽藤さんなので、きちんとまとめておきたいと思います。
※写真は羽藤さんの予科練アルバム(ご遺族所有)と松本さんの予科練写真(ご遺族所有・武田信行氏提供)から


予科練入隊時の記念写真ではないかと・・・・?
横須賀の庁舎?入り口前で。



【東京行軍】13年6月
宮城前ニテ

鎌倉宮

建長寺山門前

大仏前

大仏前

鶴岡八幡宮


【その他の行事】
大楠山慰安行軍

整備実習
高いところが好きなのか、飛行機のてっぺんで。

写真館で同班の友人と記念写真?





【操偵適性検査】
横顔ですが、わたしが勝手に、
「羽藤さんじゃないのかなーーーー」
と思っている写真



予科練卒業記念の色紙に羽藤さんのお名前はありません。
無記名のうちどれが羽藤さんのことばなのか、まだ見つけられていません。
予科練アルバムの最後の記名は羽藤さん直筆だと思われます。





【操縦専修生集合写真】
二空の階級章

一空の階級章


【たぶん飛練時代】



【台南空時代】
17年8月4日(と言われている)集合写真の羽藤さん。


台南空時代、写真が使えないけど、「もしかして羽藤さん?」写真があと3枚あります。

17年8月7日。
この写真の左端を大股で歩いている小柄な搭乗員③が羽藤さんじゃないかと思っています。
①笹井中尉②太田兵曹④西澤さん?


同じく怪我をしている坂井さんを心配そうに見守る羽藤さん。
薄くてスイマセン、怪我をした坂井さん(①)をみなで取り囲んでいる写真です。
②は無帽の笹井中尉、④の横顔は河合大尉ではないかと思います。

で、羽藤さんですが。
左端の方に写っている、横顔でうつむいている小柄な人(③、飛行帽の右耳当て跳ね上げ)、これ羽藤さんではないかと思います。



17年9月7日。
モレスビー攻撃出撃前の搭乗員整列の羽藤さん。
真ん中の小柄な人。
顔はよくわかりませんが、これは当日の編制表からして、かなり自信があります。


上の3枚はどれも書籍に掲載されているものしか見たことがありません。
原版を見たら羽藤さんかどうか見分けられそうな気がしないでもないですが、どこに原版があるのかもわからないので・・・・。



羽藤さんのことを「坂井三郎の列機」と紹介してあるモノをときどき見かけますが。
ママ的には「坂井さん、羽藤さんを独り占めしないでーーー(´д`)」って印象でしょうか(笑)
↑お手製・台南空搭乗員列伝?(未完成、行動調書にお名前が出てくる搭乗員全員分作っています)の羽藤さん部分です。 ※哨戒任務も含む
羽藤さん、かなり働いていますよ。特に5月。過労気味。未成年なのに。
羽藤さんの搭乗回数、特別多いです。きちんと数えていませんが、もしかしたら台南空で一番かも(↑この資料の状態で搭乗部分が2ページ超えている人は羽藤さんだけ。2ページ弱あるのが河合大尉、西澤さん、米川さん、山崎さん)。

この中で羽藤さんが坂井さんの列機として出撃しているのは数えるほどです。
たしかに坂井さんが大怪我をした8月7日、羽藤さんは列機です。
その直前2回、続けて列機として飛んでいるので(7月30日船団上空哨戒、8月2日リ号研究作戦第三次船団哨戒)、もし、このとき、坂井さんが怪我をしなければ、次も、その次も羽藤さんが列機で飛んだ可能性はありますが、実際、坂井さんはそれ以降の搭乗がないので、仮定の話をしてもムダですよね。

行動調書を見た限り、羽藤さんに「○○の列機」と言われるような固定の小隊長はいなかったように思います。





大正11年8月18日生まれ 愛媛県今治出身

昭和13年6月1日 海軍飛行予科練習部乙9期生として横須賀航空隊入隊

昭和16年10月31日 第10期飛行練習生卒業

昭和17年2月 千歳空、(4空)

       4月 台南空

       9月13日 ガダルカナル偵察 行方不明





同期生の「おもいで」

戦闘機乗りとして目覚ましい働きをしているという話が水上機隊まで伝わってきたが、予科練時代の君の柔和な顔を思うとビーンと来なかったよ

おとなしい小柄な君、あの激しい訓練によく坦々と耐え抜いたものだ。いつも笑みを忘れない君の顔がいつまでも若くぼくの心の中に生きている

コメント

トラックバック