Google
WWWを検索 ひねもすを検索

やる気が出ない件2012年02月09日 22時10分15秒

ここ数日、「ブログなんかどーでもいい感」をかなり濃厚に漂わせ続けているママのブログ(笑)

そうなんですよ、いま、ブログどころではありません。

熱中していることがありまして。
あ、西澤さんの写真のこともそうなんですが、ちょっと脱線中です。

数日前から、ありそうでなかったアレを自作しています。
もちろん、自分用です。

昨日の夜11時頃にはWordで余白をギチギチに詰めた状態で80ページ弱までできていました。
「さて、今日もはかどった、また明日やろう(^o^)」
と保存しようとしたところ・・・・

事故発生!?

80ページ弱あったデータが65ページに!Σ( ̄ロ ̄lll)

「どこに行ったんだ!?」
あちこち探したけど見つかりませんでした。

もともと、このWord、おかしいんですよ。
ふつうに作業していても、終了処理すると必ずエラーが出て、何やらあやしげなメッセージの書かれた箱が、2、3回は出てきます。
この箱を次々に消していくと、最後に白紙のWord画面が必ず出てきます。
「もうええっちゅうねん(--#)」
それを×してやっとWordが画面から消えるのです。

ママはこのPCのWord2007と、ママのノートのWord2003の両方を使いますが、2003の方はなんのトラブルもありません。
保存して、右上の×をクリックすると、パッと画面から消えます。

最初パパに相談したときは、
「2003のデータを2007にもってきて使おうとするからエラーになるんじゃないか」
と言われたので、それ以来、あっちのPCのデータはこっちに持ち込まないようにしました。
あっちはあっち。こっちはこっちで別作業。

それでも出るんですよ、終了時のヘンなメッセージが。
日本語だと思うんですけどね?
日本人歴40余年のママが何回読んでもさっぱり意味不明、チョー親切なメッセージなのです。

おかしなWordだとわかっていたので、最初から細心の注意を払って作っていました。
・上書き保存はマメに。
 ひとり分入力するたびに上書き保存。万が一データが飛んでもひとり分で済むように。
・保存は2箇所。
 ハードディスクだけだと万が一のことがあり得るので、終了処理する直前にUSBにも保存しておく。

これだけ対策していればいいだろう、と思って作業していて、昨日はハードディスクへの保存処理中にデータがなくなりました。しかも、上書き保存していたはずの10数名分がガバッと!

ハードディスクに保存したときに、いつもと違う警告メッセージみたいなのが出ていたのですが、相変わらず意味不明だったので(読みましたよ、いちお)、パパッと右か左かクリックしちゃったんですよね、あははは

そしたらデータがなくなったと!o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

画面上のデータが飛んだだけではなく、どうやら元データも飛んだみたいなんですよね!
あの親切なメッセージのせいで!(笑)




テンション下がりました↓(T_T)↓

でも、続けねばならないので、今日は朝から消えた分を再入力しました。

今度はハードディスク上に2つ保存先を設け、どちらにもマメに保存。
万が一、元データが飛んでも、もうひとつが残っていればヨシ、ということで。

もちろんUSBも併用です。





今朝、パパにWord2007の件で文句を言ったら、
「そんなことを言われてもパソコンをいじる時間がないから」
とかなんとか言い返されました。

なめこをいじる時間はあるくせによっ!(--#)

コメント

トラックバック