Google
WWWを検索 ひねもすを検索

涙の呉旅行2011年12月13日 13時30分34秒

去年の呉は熟女一人淋しい旅でした・・・・(T_T)


今年は、同じ海軍好きの女性2人と一緒に呉散策することになりました(^o^)

結構直前になってから、文通をしていた搭乗員さんへの手紙に、
「女友達2人と一緒に呉に旅行に行きます(^o^)」
と書いたところ、

「わしが呉に行って案内してあげるけー(^o^)」

というお返事が!

うれしさのあまり、わたしにこの搭乗員さんを紹介してくださったIさんに報告したところ、

「自分もその日、広島にいるので同行しましょう(^o^)」

と!!

ちゃんと実名で書けば、たぶん、「この夢のような企画、もう二度とないですよ!」っちゅうぐらいのスペシャルな顔ぶれです。   ※ご本人に了解をいただくのを忘れていたので匿名で

まあ、とにかく大張り切りで呉入りしたママでしたが、張り切りすぎて、午前の女子のみの「てつのくじら館」見学中に気分が悪くなり、お昼前に、一人脱落、ホテルに休憩しに帰りました。

搭乗員さんが呉に来ると言われたのは午後1時。←待ち合わせは1時半だけど
「それまでまだ1時間ある。いま病院に行けば快復するかも!?」
病院行きを決断。
とりあえず、快復しなかったときのことも考えて、Iさんとママの友だちが連絡を取れるように手配。

搭乗員さんのことは旧知のIさんがいるのでお任せできるとして、一番心配だったのは、この日のメンバーはママがいないと「初対面」なメンバーだってことでした。

搭乗員さん           
 |            \ 文通のみ・面識なし     
 |
 | 旧知の仲        ママ   ――――――    Kさん・Hさん
 |                      面識あり
 |            / 面識あり
Iさん                 


Iさんとママは面識があるけれど、ママの友だち・KさんとHさんは搭乗員さんにもIさんにも面識なし、という状態だったのです。
ちなみにKさんとHさんはこの日の「てつのくじら館」が初顔合わせでした。
                     出会った直後に2人きりにしてスイマセンでした(^_^;)

Iさんに、「自分はちょっと今日は無理かも知れない、あとよろしくお願いします」と連絡したら、
「(搭乗員さん)もう駅に来られていますよ」
との返信。

12時過ぎたばっかりですよ!!(゜Д゜)
「1時頃」っちゅうのは12時~だったんですか!?  
※あとで知ったのですが、Iさんが12時に呉に到着したときにはすでにベンチに座って待ってはったらしい・・・・

     
今日は会えないかも、とあきらめかけていたのですが、
「じゃあ、すぐ行きます!」
と、具合が悪かったことも忘れて駅まで飛んでいきました。

途中の歩道橋でお二人にばったり。

そこでご挨拶だけして、わたしは再びホテルに戻り、タクシーで病院に行きました。

病院では点滴を受けたのですが、何度か、
「いま(女性陣と)合流して大和ミュージアム徘徊中」
とか、
「戦艦大和の記念碑に向かっています」
とか、Iさんからライブ中継メールが(T_T)

最後はだめ押しで、記念碑の前での、搭乗員さんと女性2人の記念写真が添付されたメールが送られてきました。



「くっそ!!(>_<)」

あまりにも悔しかったので、ママも呉の病院で受けた点滴の写真を記念に撮ってきました。
点滴ベッド仰臥中。

コメント

トラックバック