Google
WWWを検索 ひねもすを検索

宮崎の新米2011年08月01日 18時53分19秒

宮崎から新米が送られてきました。


米専家かわさきの穂北遠赤新米です。
新米

穂北というのは宮崎県西都市にある集落名。
えー、ホリブンが戦後、皇統護持作戦のために秘密の生活(?)をしていた杉安という集落の隣です。

「ママさんは、ホリブンに関係あると思ったら隣の集落産でも買っちゃうのか!?(゜Д゜)」

んなわけないじゃないですか!( ^o^)ノ

偶然です、偶然!                         ホンマかよっ!?

穂北はうちの母親の田舎です。

そこにあるお米屋さんがとてもおいしくて、実家もうちもお気に入り。
うちは一番のお気に入りは「米ぬか栽培米」というブランドで、ネット通販で取り寄せています(高いので、たまーに・・・・(^_^;))。
先月末に、穂北遠赤米の新米が発売開始されたようで、母親が送ってくれたのです。


今日、さっそく炊いてみました。

新米

ママが撮るとおいしそうに見えない・・・・けど、おいしいですよ(^O^)

動かないのに、食べ過ぎヤバイ(*_*)

みかん缶爆発事件2011年08月02日 18時18分00秒

我が家の台所は賞味期限切れの爆弾があちこちに仕込まれているとても危険な台所。

一昨日だったか、昨日だったか、パパと春海が食品棚を整理。
「これも切れてる」
「これも」
と、二人で言いながら、切れているモノを処分していました。

で、今日の話。

夕飯にカレーを作ろうと思って、カレールーを探していました。
その過程で、数日前にパパと春海が整理してくれた食品棚の中も見ました。

手前に、かれらがきちんと置き並べたらしいレトルト食品の箱が。奥に缶詰が。

そっちに紛れ込んだのかな?

と思って、手前のレトルトの箱を3、4箱のけて覗き込んだら、奥に蓋がぺろんとめくれ上がった缶詰が。

「あれ? どうして開いているんだろう?」

手を突っ込んで取りだしてみたら、軽い。 アレ?

ぺろんとめくれた蓋から中を覗き込んだら、みかん缶のはずなのに、底に黒いモノがたまっているだけ。

「ぎ、ぎええええええ・・・・・・!!!!!!(゜Д゜;)」

な、なぜか、元の位置に戻して、レトルト戻して、扉を閉じ。
「み、見なかったことに・・・・」

でも、そういうわけにもいかないとすぐに正気を取り戻したので、再び扉を開け、レトルトを棚から全部取り出し、色つきのビニール袋ごと棚に手を突っ込み、ポイ。密封して、ポイ。

よくよく見たら、扉の内側と缶の置いてあったところの真上(一段上の棚の下面)に黒い付着物が点々と。

が、不思議なことに、周囲の食品(手前のレトルト食品や奥の他の缶詰)はまったく付着物ナシ。

春海が言うには、数日前に棚を整理したときには異常はなかったとのこと。

ここからはママの推理ですが、とっくに賞味期限が切れて中が変質していたみかん缶が、場所を動かされたことが刺激になって爆発したのでしょうか?

爆発したことは全く気づきませんでした。音とか。
中身が飛び散ったことによる異臭もまったくなし。
黒い付着物を拭いた台拭きをちょっとにおってみたのですが、ほのかにみかんの香りがしただけで悪臭はしませんでした。


缶詰って爆発するんですね(^_^;)
賞味期限切れはさっさと処分すべし、と何度目の決意だろう?


【続報 1952】
パパが帰宅したので、聞いてみました。
・奥に入っていたみかんの缶詰は気づかなかった(触ってない)。
・手前のレトルトは自分が並べた。

これらのことから、もしかしたら、みかん缶が爆発したのはずっと以前の話なのかも?
数日前にパパが並べたレトルトの箱に飛び散っていなかったのも納得です。

でも、レトルトの箱を全部どけて見ましたが、棚の床面は全く汚れていませんでした。

みかん缶が爆発したときの中身の状態はどうだったんだろう?
すでに”黒化”していたのか、それともフツーのみかん・シロップ状態で爆発・飛散→乾燥して黒く変色したのか。

市学童記録会2011年08月03日 14時23分20秒

今日の午前中は市の学童記録会でした。

会場は市内の小学校のプール。
初めて行く場所。

電車に乗ってスタコラ行って見たら、保護者はプールには入れず、柵の外からの見学のみ。
しかも、その場所が水面より低い場所で(目の高さは水面より少し上)、しかもしかもスタート地点のすぐ背後だったため、目の前にスタート台はあるわ、そのスタート台1台につき計測員2名が並んで座っているわで、ほとんど泳いでいる姿が見えませんでした。

まあ、それでも何とかおばちゃんパワーで背伸びしたりのぞき込みしたりしながら見学してきました。
ただし、カメラ・ビデオでの撮影禁止だったので証拠物は一切ありません。


競技は自由形と平泳ぎのみで、この順。
距離が長い順(100メートル、50メートル、25メートル)。男子→女子の順。さらに学年の若い順。
男子自由形100メートル(3年生→6年生)、女子自由形100メートル(3年生→6年生)、男子自由形50メートル(3年生→6年生)、女子自由形50メートル・・・・、女子自由形25メートルが終わったら男子平泳ぎ100メートル・・・・という感じです。
最後に学校対抗の100メートルフリーリレー(25×4)男子・女子、200メートルフリーリレー(50×4)男子・女子。


春海は女子50メートル自由形と平泳ぎに出ました。

自由形の方は、イト○ンではいつも最後尾ですが、今日は一般児童も参加する記録会。
「ひどくはないはず」
と思って見ていたのですが・・・・。
同じ組に、スタート直後からいきなりかっ飛ばしていった子が!!
それもひとりではなく、ふたり、3人と。
「ええっ!?」
春海はここでもビリっケツか!?

タイムは、
「41秒ぐらい」(by計測員)

\(・_・) オイオイ

イト○ンのコーチに、
「今日の結果は報告するように」
と言われているのに、「41秒ぐらい(^_^)v」なんて報告したらシバキ倒されるわ(--#)
                                 ※いや、シバかんけど!へ(^_^;)

春海の前に泳いだ子たちが「○秒ぐらい」と言われているのを聞いていたので、ママも計測していました。
が、いかんせんゴールタッチが全然見えない(スタートは合図でわかる)。

なので、誤差ありってことで。
50フリーはママ計測では40.46でした。
後日、ちゃんと担任から記録表が渡されると言うことなので、そのときにまたご報告します。

帰宅後に春海から聞いた話ですが、自由形の同じ組を泳いだ中に、選手のHちゃん(4年)とMちゃん(5年)がいたんだとか。
Hちゃんの方は、あまりにもレベルが違いすぎて(50メートル、33秒ぐらいで泳ぐ)、タイム順で組分けする記録会では同じ組で泳ぐようなことは絶対にありません。Mちゃんも同じ。
今日は学年別だったからこんなことが起こってしまったわけで。

「あー、ほんで春海があんなにのろく見えたのか(^_^;)」
ちょっと同情。


それから平泳ぎ。
これまた、春海の隣は選手の上のクラスの子。同じ学年だけど(^_^;)
彼女はたぶん背泳ぎの選手だったと思います(50メートルで春海より4、5秒速い)。
一緒に並んで平泳ぎなんて、いつもの記録会では絶対に見れない光景。たぶん、最初で最後。

計測員の計測では「52秒ぐらい」と言われていました。
ママ計測で52.36。

先週末「本気で泳げ」と泳がせて54秒台だったので、まあ、まあ・・・・。
でも、できたら50秒以内で泳いでほしい。


これが終わった時点で帰ろうと思い、いったんは荷物をまとめたのですが、
「やっぱ、学校対抗リレーの応援をして帰るべきか?」
と思い直し、その場にとどまりました。

記録会の参加申し込みをしたときに「リレーに参加するかどうか」のアンケートがあり、春海は選手の3年の子に誘われたこともあって「参加する」に○をつけて出したのですが、学校の方針で「リレーは学年順(6年優先)」ということになり、リレーには出ないことになりました。

でも、同じ学校の子たちが頑張るから応援しないとなー。

100メートルリレー男女が済んで、200メートルリレー男子が済んで女子が入場してきてみてびっくり仰天。
うちの学校の4人の中に春海がいるじゃないですか! 第3泳者。
「ぎょっ!(゜Д゜)」

後で聞いたら、「学年順」でリレーに出るはずだった5年女子3人が、
「出たくない」
と言い出したらしくて、急遽その場で「出たい人ーー???」と挙手させられたらしいのです。
で、3年生2人と春海が手を挙げてリレーに出ることになったと。

1泳 3年
2泳 3年(選手のYちゃん)
3泳 春海
4泳 6年

何が学年順だwwwwww、高学年は6年ひとりじゃないかwwwww

他の学校の子たちはみなでかかったですよ(*_*)

うちの1泳はたぶん普通の子。
右隣の学校の1泳がものすごく速くて、だいぶ差をつけられました。

うちの2泳は選手だったのですが、右隣の2泳が50メートル33秒ぐらいで泳ぐHちゃんだったために縮まらず、春海にタッチした時点で右隣とはプール(25メートル)の半分以上差がついているような状態に。

この時点でうちの学校が2位だったのかな?

ところがですよ!
ここから先、「こんな光景見たことない!!」って光景が繰り広げられたのです。

飛び込み台から飛び込んだ春海。ウソみたいに右隣の子に迫っていきました。

うちの学校の応援席からは、
「追いつけ-!! 追い越せーー!!」
右隣の学校の応援席からは、
「頑張れ-!! 抜かれるなーーー!!」

今日の記録会中、最高の盛り上がりでした。    ※あくまで個人の感想です

で、ターンして戻ってきて、ゴール寸前には並んでいるような状態に!
ママのところからは見えなかったので本人に聞いたら、結局「抜く」ところまでは行かなかったようです。

タイムは40秒ぐらいだったので、そんなに速かったわけではないですが、あれだけの差を縮めたとなると速く見えるもんなんですねー。
自由形50では、同じタイムでカメみたいに見えたのに(T_T)
すげートリックアート(笑)

せっかく追いついたけど、4泳でまたバーンと離されて・・・・。
えーっと、最終的な順位はちゃんと見ていませんでした(^_^)ゞ なんだ、そりゃ

ママは春海が右隣にスゴイ勢いで迫って行くのばっかりを見ていましたが、同じ3泳の組に選手の5年の子がいたらしく、そっちはそっちで春海に肉薄してきていたようなんですよね。

なので、3泳はそれまでに開いていた各校の差が一気に縮まった、と。
で、4泳で決着が。うちは3位か4位か5位じゃなかったのかな?(^_^;) なんだ、そりゃ

イト○ンではリレーなんか出してもらえないので、当然これが春海の初リレー。
引率の先生にも、応援していた同じ学校の子にも、
「速かったなあ」
と言われたと喜んで帰ってきました。

巡り合わせがよくて”速く見えた”だけなんだけど。

♥☆恋の予感つきマッサージ券☆♥2011年08月03日 18時15分17秒

今日の話ではありません、数日前の話。

久しぶりに春海はパパとお風呂に入ってチョーご機嫌(^o^)

パパが脱衣所で服を着ていたら、先に上がっていた春海がやってきて、
「パパー、これあげるー」
と、ドラえもんの四次元ポケットから台紙を取り出してプレゼントしてくれたそうです。

ドラえもんの四次元ポケット
                    ※↑イメージ再現画像

この台紙は、この日の夕食後におやつにつまんだチーズの台紙。
(アルミに包まれた四角いチーズが3つか4つ縦に並んで入っている製品)

これまた賞味期限切れだったらしいのですが、ママがやめとけと言うのに、パパ食べちゃったんですよね(^_^;)

その台紙の裏がマッサージ券になっていました。

恋の予感つきマッサージ券

しかも☆があったら「いい感じ」、♥があったら「恋の予感」らしいのです!!
パパに「恋の予感」マッサージ券を渡して何を期待しているのか、相変わらずなんのこっちゃ意味不明な春海(-_-;)


「マッサージ券、いいな~、ママもほしいなあ~」
と言ったら、
「あれははーちゃんと一緒にお風呂に入ったごほうび」
だって。
またまた相変わらずの上から目線春海。
「ママもはーちゃんと一緒にお風呂に入ったらマッサージ券作ってあげる」
って。
春海とお風呂に入ると再起不能なぐらい疲れるんだよなあ・・・・(-_-;) 恋の予感つきマッサージじゃ、割に合わなくね?


で、翌日の夜、さっそくパパが春海にこの券でマッサージを頼んでいました。

春海「その券の有効期限はねー」
パパ「え? 有効期限あるの!?」
春海「いつにしようかなー? じゃあ、チーズの賞味期限を有効期限にする!(^O^)」
パパ「これ、賞味期限切れだぜ!?(゜Д゜)」


25メートル自由形2011年08月04日 09時19分16秒

いつも春海がスイミングスクールから参加している記録会には、この距離の競技はありません。

でも、練習のときはタイムをとるみたいで、4日前だったかな、
「フリーの25で自己ベスト更新したーー(^o^)」
と喜んでいました。17.6

これを単純に×2して50メートル泳げたら、どんなにいいか(T_T)
それでも(35.2)、4年女子5人の中では4番目か5番目なんですけど。
                     →現実は「40秒ぐらい」(T_T)。ひとり飛び抜けて5番目。



ふだんの記録会にはないこの距離。昨日の学童記録会ではありました。

どうしてかれがこの種目に出たのか、まったくわからないのですが、春海と同じ学校、同じスイミングスクールの、最速の4年男児25メートル自由形に出ていました。

かれのことをちょっと紹介します。
同じ学校ですが、幼稚園も違うし、1年からいままで同じクラスにもなったことがなく、話したこともないそうです。つまり、「名前を知っているだけ」。
スイミングの方は、春海が研修に入れてもらったときはもうとっくにかれは選手としてバリバリだったので、全く接点なし。
しかも、かれは速すぎるために、春海がいつも出ている合同記録会では泳げません。
(記録会の中には、速すぎて出られない記録会や、逆に遅いと出られない記録会などがある)

かれもジュニア記録会では泳いでいますが、いつも親の観覧が禁止されている会場なので、ママは泳いでいるところを見たことがありませんでした。

初めてまともに見たのは先日の長水路での記録会(ジュニア記録会を初めて親も見れた)。

でも、持ちタイムが速いから、一緒に泳ぐのは5年や6年の大きい子たち。タイム順で組んであるので、かれが特別速いということが一目瞭然にはわからなかったんですよね(^_^;)

でも昨日はスゴイもんを見せてもらいました。
25メートル自由形。組はタイム関係ナシの学年順。

泳ぐ生徒の名前は呼ばれません。
最初、かれだとわかりませんでした。
でも、スタートの合図で飛び込んだとき、なぜかひとりだけ異様に美しい飛び込みの子がいて、
「あれ?」
(25メートルは、「50メートル泳げないから」という理由で選択している子もいるようで、飛び込む子はまれ。飛び込んだとしても、腹打ちだったり・・・・)

浮き上がってきてからはもう目が釘付け!
ロケット噴射!?みたいな爆走。
速すぎて手の搔きが見えん!! 水しぶきが高速移動しているのしか見えん!!

瞬きする間もなくゴールしてしまいました。

ママ計測で「14秒ぐらい」でした(゜Д゜)

「エエもん見せてもろうたーーーー、暑い中、来た甲斐があったーーーー(:´д`:)」



※春海は、このかれのかっちょいい泳ぎを見ていなかったそうです(T_T)