Google
WWWを検索 ひねもすを検索

てるてる坊主2011年06月01日 08時33分21秒

昨日はプールがお休みでした。

練習が休みだと、時間をもてあまして何をしていいかわからない春海。

突然、てるてる坊主を作り始めました。

名札まで作って、名前までつけていました。

てるてる坊主

せっかく作ったのに、今日は一日雨らしいです。


で、これは、てるてる坊主の頭部↓
Bocca プリン

・・・・なわけない。

ママのおやつ。Bocca プリンです。
少し前に、びっくりドンキーでパフェに入っているのを食べてすごくおいしかったので、自分でも買ってみました。


こんな風に、水ヨーヨーみたいな状態で入っています。
Bocca プリン

ママ、食べ方がわからず、ピンクのクリップの根元をはさみで切ってしまいました。

すると、ゴムが管状に細くなったところから、うにゅーーーーーーと管状に出てきました。
「ひいいっーーーーー(゜Д゜;)、こんなんじゃなかった!!」
パフェに入っていたのはきれいなまん丸。
このままここから出したら太麺みたいなプリンが出てきてしまう!?

「これの取り出し方を書いた説明書きは!?」
入れ物の筒を探しましたが、どこにもない!!

「どうやって出すねんっ!?」

慌ててはさみで球体部分のゴムをじょきじょき切って何とか1枚目の画像の状態は保てました(裏側がつぶれているんですけど(^_^;))

ネットで調べたら、牧家のサイトに食べ方が書いてありました。
球体部分を爪楊枝でつつけばいいそうです。なるほど!(・∀・)

で、その方法は筒の内部下部に押し込まれている赤い牛のシールをめくったら書いてあるそうです。
なんじゃ、そりゃ!?

戦後のホリブン2011年06月02日 07時55分34秒

ホリブンと一時期同じ航空隊でお仕事をされていた搭乗員さんに、
「ホリブンのこと、教えてください(*^_^*)」
ととっても恥ずかしい手紙を出してしまいました。

お返事が来ないので、
「やっぱ、恥ずかしすぎたか・・・・(-_-;)」
と、ほとんどあきらめていたのですが、昨日、お返事が届きました\(^_^)/

それも、ルーズリーフの裏表に小さな文字でびっしりと9ページ!!
ご高齢なのに、これだけ書かれるのはさぞ大変だったろうと思います。ありがとうございます!

で、ホリブンのこと、いろいろ書いてありました。
初めて第三者目線の「ホリブンの肉声」もゲットしました。
そこら辺の話はまた今度、ということにして・・・・。


「おっ!」
と思ったことが。

最後の方に、堀さんには戦後もよくお世話になりました、と書いてありました。

そういえば、K上飛曹も、ホリブンに戦後もかわいがってもらった、と言われていました。

そういえば、そういえば。
藤本さんにも戦後のホリブン話があって。
民間航空のパイロットととしてやっていくときに、一緒にやらないかと誘われたそうです。

ああ・・・・そういう人なんだなあ・・・・(^-^)

今日の雑草&今日のおやつ2011年06月02日 19時33分10秒

相変わらず密林状態の春海のプランターに、ぽつんと花が咲いていました。

おお! これが花菱草か!?

花菱草

ずいぶん華奢で・・・・頼んない感じですが(^_^;)

「春海が放っていた」&「周りに栄養とられた」→栄養不足かな?


花菱草は栄養不足でも、ママは栄養過多! 日々順調に成長中(爆)

今日のおやつは、先日お義兄さんがおみやげに持ってきてくれたバームクーヘン。

ねんりん家

ここらへんでは見かけないバームクーヘンだな。
どれどれ。


ねんりん家 

ふんわりゆず風味の、ちょっと和風のバームクーヘンでした(^o^)

外側は砂糖がコーティングされていてサクサク。

落下傘降下、その後2011年06月03日 19時42分26秒

藤本さんが、落下傘降下したのは20年2月25日の千葉県上空での空戦でのこと。

脱出までのことは前に書いたので省略。

無事に落下傘が開いて、そのショックで一時失っていた意識を取り戻したのでした。

降下中、足下を敵の機銃弾がすり抜けて行ったので、ハッと見るとそこに敵機が。
「撃たれる!」
と思ったけれども、それ以上は撃ってきませんでした。

地上に無事に到着。
気がつくと、竹槍を持った近隣住民に取り囲まれていました。
「米兵と間違われている!」
と気づき、慌てて頭に巻いていた日の丸のはちまきを見せたところ、住民たちも日本軍だとわかってひと安心。

菅野さんの場合もそうですが、顔面をやけどした状態で落下傘降下してしまうと、どんなに日本人顔の人でも米兵と間違われやすかったのでしょうか。

日本人だとわかってもらったあとは、大事にしてもらったようです。
負傷箇所の手当もしてもらいました。エプロンを裂いて巻いてくれたそうです。
そのときに警察の奥さんが飲ませてくれた甘酒の味は、いまでも忘れらないと言われていました。

藤本さんが脱出してしまったあとの飛行機は、千葉県多古町の田んぼの中に落ちたそうです。

戦後しばらく経ってそこを訪ねていったところ、田んぼの持ち主はもう越してしまって会えなかったそうですが、近所の人に、
「10年間、米がとれなかった」
と言われたとか。

アルバムには、飛行機落下地点の写真(戦後)も貼られていました。

春海のクラスの漢字博士2011年06月04日 00時05分18秒

春海のクラスに漢字博士がいるそうです。

何でも漢字で書いちゃうそうです。
ふだんカタカナで書いているようなことでも。
リクエストOKらしく、春海もリクエスト出したそうです。

「へえー、何を書いてもらったん?(^_^)」
「はーちゃんはねー、”カルボナーラ”と”ペペロンチーノ”って書いてもらった(^o^)」
「はあ!?」

ひもじい子みたいやんか!!(´д`)

まあ、とにかく。ちゃんと書いてくれたそうで。
どんな字を書いたかわからないのですが・・・・。
カルボナーラ→軽母奈亜良???
ペペロンチーノはどうやって書いたんだ!? おいっ!!

そして、とうとうかれはどこかの境地に達したらしく、
「”ん”って、漢字でどう書くんかなあ・・・・」
と言いながら、一人漢字辞典と向き合ってしまったそうです。

いやあ、何にしても、あることで突出できるってすばらしいね。


「夜露死苦(--メ)」
とか、朝飯前やね。