Google
WWWを検索 ひねもすを検索

究極のゼロ2011年02月04日 14時38分23秒

情報遅くってスイマセン(^_^)ゞ

1週間ほど前。
たまたま本屋に行って、レジにこれの3月号が積まれているのを見て、発売されていたことに初めて気づいた次第でー。

「いま見たものはいったい何だったんだ・・・・?(゜_゜)」

家に帰ってきてすぐにサイトで調べました。

モデルグラフィックスの2月号と3月号。

究極のゼロ

「究極のゼロだって!?」
「何っ!? 『いま、ここでしか手に入らない!』だって!?」

ママ、地域限定とか期間限定とか○○記念とか、そういうキャッチフレーズにすぐにつられてしまいます。
今回の決め手は『いま、ここでしか手に入らない!』

ママA「1冊1600円で、×2。3200円。1/72にしては高くない?(-_-)」
ママB「ふだん780円の雑誌(×2で1560円)がついているので(あ! 逆か!?)、プラモ自体はめっちゃ高価ってわけでもないよねー。1640円?」

で、いま、ここでしか手に入らない零戦52型の1/72が1機作れると・・・・。
よし、すぐに手配!!

ママBの勝利!!\(^O^)/


ファインモールドというのも、惹かれたひとつ。
いままで、作ったことないんです。
細かそうだけど、ちょっとチャレンジしてみたい。


それと、デカール。

究極のゼロ

デカールの中に221空のデカールが。
「これで作りたい!」

画像では白くて見えにくいですが、221空戦闘308飛行隊のデカールらしいです。
221空戦闘308(蛭澤久也隊長)はいわば、221空戦闘407(林喜重隊長)の「養子に出した子ども」みたいなもん? ちょっと違うかな?(^_^;)
碇義朗『八機の機関科パイロット』(光人社NF文庫)や、戦闘308をメインにしたサイトもあるので、そこらへん参考にさせていただきながら、ちょいと、これにチャレンジしてみようかなーと。

※うちのセンセーはあくまで「メカ」としてプラモを作られるタイプのようですが、ママは乗っていた搭乗員や所属飛行隊のことを思わないと作れないタイプ。




「凝りたい人はとことん凝ってね」であると同時に、「もともとパーツ自体が色つきなので、初心者はランナーから切り離して接着するだけである程度形になるよん」って、対象者の広いプラモみたい。

冗談じゃねーや!
これだけのキット与えておいて、塗らなくていいだとー?

色塗らせろっ!

塗らんでいいなら最初から童友社の塗装済み買っとくわっ(-_-)

と、強がってみたものの・・・・
1セットしかないので、失敗したらーーーーー(>_<)

究極のゼロ


究極のゼロ


究極のゼロ


これ、パパに見せたら、
「こんな細かいの作れるんかあーーー????(゜_゜;)」

塗装云々の前に、組めるのかどうか心配しているようで・・・・。

ママも、同感・・・・。


でも、デカールの袋、開けちゃったんで、早く作らないとーーーー(^_^;)

ジュニア用競泳水着を探す2011年02月05日 08時39分33秒

最近、困った事態が発生してします。

スイミング関連です。
ただでさえ無資格者のまま半年も居座り続けていることにイライラしているのに、春海が、
「ママー、水着がキツイから新しいの買ってよー」
と。

あれ? 水着買ったって、しょっちゅうブログに画像をアップしていないか?

そーなんですよ。
思えば・・・・
春海の競泳水着購入歴。
① 2009年の秋、スピードスピードとうるさいので、初めて練習用にスピード水着を1着購入。

スピード・アクアブレード


② その後、あまり時間が経たないうちに、今度はスピードのトレイン水着(耐久性の高い練習用水着)購入。ところが、脇の下が擦れて皮膚がやけど状態みたいになったために返品。


③ トレイン水着がなくなったので、代わりに最初に買った水着の「色違い・股ふつう」版を購入
  この水着は1年ほど使用の末、生地が傷んで一部メッシュ化したのでいまは使用せず。

スピード・アクアブレード


④ 2010年9月、イト○ンの研修クラスに居座りを決め込んだのを機に、スピードの新しい水着を購入。

スピード・フライングフィッシュ


⑤ 「試合に出るには、イト○ン指定で、FINA公認水着が必要」とのことで購入(ミズノ)。

ミズノ・マイティライン


⑥ 2011年早々、畏れ多くも1記録会で3種目エントリーしていただき、水着が足りないと大慌ての末、⑤の水着のスパッツタイプを購入。

新しい選手水着



①②③はKスイミング時代、④⑤⑥がイト○ンに入ってからの話です。

現在、春海が練習時に使用している水着は①④⑤です。

ところがですねー、春海が④のスピード水着が「キツイ」って言い出したんですよ。
まだ半年しか着ていないのに。

サイズは①~⑥まですべて140です。
1年半にわたり、同じサイズの水着を買い続けているってびっくりされるかも知れません。

最近気づきました。
「水着はメーカーや素材によって、全然違う」
ということに。
各メーカーでいろいろと水着の素材があるのです。

同じスピードでも、①③はアクアブレードという素材。②は耐久素材(エンデュランスだったかな?)、④はフライングフィッシュと、それぞれ違うのです。
②は肌を傷めているので、練習着としては最初から排除。
①の水着は③より先に購入したのに、「お尻が見えるからイヤだ(股高め)」と言って、Kスイミング時代はあまり着なかったのです。
イト○ンの研修に入って、他の子たちが平然と「股高め」を着用しているのを見て、春海もこれを頻繁に着るようになりました。

ですから現在練習用として常用しているのは①④⑤です。
どうも、春海が言うには、①は伸びるけど④は伸びないからキツイ、イヤだと。
フライングフィッシュの方が高かったのに・・・・、練習用にするには伸びるアクアブレードが着やすい、と。

イト○ンに入ってから購入したミズノの水着⑤⑥はマイティラインという素材のようです。
これは春海曰く、「よく伸びる」。140でまだまだいけそうです。
ただ、これそのものは試合用として買った公認水着なので、あまり練習で着てくたびれさせてほしくない。


公認マークの入っていない練習用水着をネットで探しています。
最初、ミズノのマイティラインで探したのですが、ミズノはネットでは全然安くない(-_-)
まだイト○ンで買う公認水着の方が安いようです。

じゃあ、やっぱりスピード(スピードはネットで探すと安いのがある)。
アクアブレードの140か、フライングフィッシュのもうひとつ大きいサイズ、ということで探したのですが・・・・。

最近、アクアブレード、全然出ていないんですよねー。
フライングフィッシュはあるのですが、ところが、今度はサイズがほとんどないんですよ。ジュニア用水着は140までなので、次となると大人用の3SかSSになっちゃいます。これがネット上に出てない。

アリーナとかアシックスとか、他のメーカーも見ているのですが、初めてのメーカーはネットだと素材の伸び具合がわからないので、サイズが決められない・・・・。

春海の場合、サイズだけではなく、合わない素材があるので・・・・。
②のトレイン水着で肌がやけど状態みたいになった、と書きましたが(これは素材だけではなく、その部分の縫製もちょっとゴワゴワしていたみたい)
最近、イト○ンでもらった特習生用水着で自主練に行って、泳ぎすぎたのか、脇の下がこすれてかさぶたができてしまっています。

特習生用

たまに研修の練習時もこれを着ていたのですが、これはもう着用禁止にしました。
なのでなおさら水着がない。

昨日は春海と2人で、1時間以上、ネットの水着サイト見て探していました。

デザインの好みもあるようで、新しい水着が決められません(>_<)

試合用に買ったミズノの水着、どうせサイズが140なので、とっととたくさん着ておかないと、くだびれるとか何とか以前に入らなくなるかな??

鈴木宗男氏、刑務所内の最重要ポスト「配膳係」に就任2011年02月05日 14時07分49秒

・・・・という記事をネットのニュースで見つけました。

鈴木氏は、
「食事の量に偏りがあっては暴動のもとになるので細心の注意を払っている。めちゃくちゃ忙しい」
と言われているそうです。

このブログにしてはめずらしい政治家ネタ!?               ・・・・ではありません。
カテゴリのとおり、「海軍ネタ」です(^o^)

このニュースを読んで、
「へえー、鈴木さん、大変」
と思ったから取り上げたわけではなく。
このニュースもいつものようにママの脳内では「海軍航空隊」に直結してしまいました。

「そーえいば、あの搭乗員さんも海軍時代、食事関係の係についていたって言われていたなあ」

この場合、いわゆる”ジャク”の方たちがやらされる「食卓番」ではなく、何かかなりうま味のある係だったようで。 (なので、今回はイニシャル公開もナシで!)

鈴木さんは「細心の注意を払って、めちゃくちゃ忙しい」らしいですが、この搭乗員さんはこの係になったおかげで、「たくさん食べられて、めちゃくちゃ太った」らしいです(^_^;)

これは、別に不正をしていたわけではなく、正当な手段で(?)たくさん食べられる仕組みを説明してくださったのですが、飲み食いしながら雑談で聞いていたので、残念ながらメモをとっていませんでした(T_T)
さしずめ、これも搭乗員の最重要ポストでしょうか?


別の搭乗員さん、
「鹿屋にいた頃、増加食の係だったよ(^o^)」
と回想されていて、やはり役得があったと言われていました。
その時に話題になったのは、キャラメルみたいなもの。
これもかなりの重要ポストですな。


これは食べ物系ではありませんが、
「自分、被服係やったから、飛行服はいつもエエのを着とった」
と言われていた方も。

飛行服は・・・・そうたびたび破損するモノでもないような気がするので・・・・。
「エエ飛行服」を着ていても、おねーちゃんに会うのはたぶん飛行服ではないと思うので・・・・。
これが重要ポストかどうかはわかりません(>_<)
飛行服


わたしは「係」とか面倒くさいばっかりで、できたら当たらないようにしていますが、海軍の「係」はときには人も羨むような特典がつくこともあったようです・・・・。

合同記録会エントリー種目2011年02月05日 22時26分03秒

2月27日の県内系列校の合同記録会のエントリー種目が、今日の練習後に言い渡されました。

春海は、またしてもフリー50と平泳ぎ50。

(-_-;)
コーチは、春海のことを平泳ぎに導きたいんでしょうか?

たしかに、最近わたしも、
「春海の背泳ぎは、本当は全然たいしたことないんじゃないだろうか?」
と思うようになってきました。

研修クラスで1番目と2番目に泳いでる子(クロールの速い順)。3年男児と4年女児ですが、13メートル背泳ぎを泳ぐと、かれらに体一つ分以上の差をつけられます。
春海の泳ぎは、とても背泳ぎ選手になりたい子の泳ぎではありません。

だからといって、
「じゃあ、平泳ぎの選手に!」
ってもんでもなくって。

要するに、どれを泳いでもパッとせん、ということです。


あ、もしかしたら、以前はフリーも平泳ぎも酷過ぎて、背泳ぎだけがまあまあ人並?みたいな感じだったから、「背泳ぎ選手に!」と思えていただけで、フリーと平がちょっとタイム縮んだので、背泳ぎの突出感が全くなくなっただけ、と・・・・
そういうことかな?(-_-;)

突然「ナカタ」に親近感2011年02月06日 09時18分01秒

連日、ネット記事からのネタでスンマセン。

『「ナカタとは正反対」 インテル長友に地元紙』(ネットの産経ニュース)

でも、サッカーネタではなく、やっぱり海軍ネタです。

記事にはこう書かれてありました。
『(地元紙は)・・・・チェナーゼで同僚からかわいがられた明るい性格は、ローマなどに在籍した中田英寿氏とは「正反対」だと評する記事を掲載した』
と。

うーん。
ヒドイ・・・・。

でも、このフレーズ、どっかで見たような・・・・。

あっ! そうだ!
坂井三郎『わが零戦の栄光と悲劇』。
『この西沢に対して、太田はまったく正反対の男だった。友情に厚く、毎日が楽しくてならないといったタイプの好青年であった』

この場合、
イタリアの地元紙 = いつも西澤さんの性格には手厳しい坂井さん
同僚にかわいがられる明るい長友さん = 友情に厚く毎日楽しい好青年の太田さん
長友さんと正反対のナカタさん = 太田さんと正反対の西澤さん

こんな感じ?(-_-;)   


台南空の三羽烏
    西澤さん    太田さん     坂井さん


中田さんはチームで孤立していたのでしょうか?
文脈から推測すると、「性格は暗く、同僚にかわいがられなかった」と受け取れますがー。

西澤さんも、坂井さんの文脈からは、「友情に薄く、毎日つまらなそうで、決して好青年ではない」と。
でも、これはママが全力で否定しておきます。 

いやいや、西澤さんは本当に立派な人です。
「友人が多かった」とか、「いつも周囲に気を遣う明るい人だった」とか、「めっちゃ好青年!」って評判はあまり聞いたことが・・・・、いいや、ママ、忘れっぽいので、聞いているのに忘れているだけかも!?      とにかく立派な人です!

なので、たぶん中田さんも、誤解込みってことで(^_^;)

まあ、こんなこと、ママが力説するまでもなく、みなさんご存じだと思うので、ここらヘンでやめておきます。


ところで、昨日の検索ワードが異常な動き見せているんですがーーーー(-_-;)
検索ワード

突然、「台南空の三羽烏」で来訪される人が激増!
ふだんは・・・・数週間に1人とか2人とかいるかいないか・・・・?
昨日はGoogle検索だけで18人!? 他の検索使っている人や、「3羽烏」など、他バージョンもあるのでもっともっといます。
今日もまだ昨日の余韻か、数人これで来られているようで。

何があったのかな?

これをテーマにした本でも出たのか!?
テレビで特集でもしたのか!?

気になってネットで調べてみましたが、引っかかりませんでした。

以前の「上原定夫」さんのときとよく似た現象なので、あのときと同じ理由なのかなーと本人は分析しているのですが。
(何でしたっけ? アニメでしたっけ?)

ママがざっと見た感じ、以下の傾向があるようで。

・初めての来訪者ばかり
・他のページを見た痕跡はない
・二度と来られない(でしょう(笑))