Google
WWWを検索 ひねもすを検索

突然「ナカタ」に親近感2011年02月06日 09時18分01秒

連日、ネット記事からのネタでスンマセン。

『「ナカタとは正反対」 インテル長友に地元紙』(ネットの産経ニュース)

でも、サッカーネタではなく、やっぱり海軍ネタです。

記事にはこう書かれてありました。
『(地元紙は)・・・・チェナーゼで同僚からかわいがられた明るい性格は、ローマなどに在籍した中田英寿氏とは「正反対」だと評する記事を掲載した』
と。

うーん。
ヒドイ・・・・。

でも、このフレーズ、どっかで見たような・・・・。

あっ! そうだ!
坂井三郎『わが零戦の栄光と悲劇』。
『この西沢に対して、太田はまったく正反対の男だった。友情に厚く、毎日が楽しくてならないといったタイプの好青年であった』

この場合、
イタリアの地元紙 = いつも西澤さんの性格には手厳しい坂井さん
同僚にかわいがられる明るい長友さん = 友情に厚く毎日楽しい好青年の太田さん
長友さんと正反対のナカタさん = 太田さんと正反対の西澤さん

こんな感じ?(-_-;)   


台南空の三羽烏
    西澤さん    太田さん     坂井さん


中田さんはチームで孤立していたのでしょうか?
文脈から推測すると、「性格は暗く、同僚にかわいがられなかった」と受け取れますがー。

西澤さんも、坂井さんの文脈からは、「友情に薄く、毎日つまらなそうで、決して好青年ではない」と。
でも、これはママが全力で否定しておきます。 

いやいや、西澤さんは本当に立派な人です。
「友人が多かった」とか、「いつも周囲に気を遣う明るい人だった」とか、「めっちゃ好青年!」って評判はあまり聞いたことが・・・・、いいや、ママ、忘れっぽいので、聞いているのに忘れているだけかも!?      とにかく立派な人です!

なので、たぶん中田さんも、誤解込みってことで(^_^;)

まあ、こんなこと、ママが力説するまでもなく、みなさんご存じだと思うので、ここらヘンでやめておきます。


ところで、昨日の検索ワードが異常な動き見せているんですがーーーー(-_-;)
検索ワード

突然、「台南空の三羽烏」で来訪される人が激増!
ふだんは・・・・数週間に1人とか2人とかいるかいないか・・・・?
昨日はGoogle検索だけで18人!? 他の検索使っている人や、「3羽烏」など、他バージョンもあるのでもっともっといます。
今日もまだ昨日の余韻か、数人これで来られているようで。

何があったのかな?

これをテーマにした本でも出たのか!?
テレビで特集でもしたのか!?

気になってネットで調べてみましたが、引っかかりませんでした。

以前の「上原定夫」さんのときとよく似た現象なので、あのときと同じ理由なのかなーと本人は分析しているのですが。
(何でしたっけ? アニメでしたっけ?)

ママがざっと見た感じ、以下の傾向があるようで。

・初めての来訪者ばかり
・他のページを見た痕跡はない
・二度と来られない(でしょう(笑))

水上運動会2011年02月06日 22時25分35秒

春海が通っているスイミング、この時期、1週間ぶっ通しで授業の後半が運動会です。
赤軍、白軍に別れ、綱引き、玉入れ。

(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)

ホントに泣けます。

あの子等のがんばりに感動して泣けるんじゃなく、
「どうしてこの大事な時期に運動会なんかしてんだよーーー!?」
って涙が出ます。

前半30分はいつもどおり授業ですが、30分のうち10分は準備運動などしているので、まあ、泳ぐのはせいぜい20分。
板キックして、ちょっとクロール泳いだら終わりです。

2月は・・・・
13日、校内記録会(50背泳ぎ、100背泳ぎ)
20日、県ジュニア記録会(50フリー、50背泳ぎ、50平泳ぎ)
27日、合同記録会(50フリー、50平泳ぎ)

先日も書きましたが、何を泳いでもパッとしない春海。

「3年で選手に上がれなければやめてしまえ」
とママに言われている春海にとっては、2月は正念場なのです。
(3月にはもう記録会はない)

なのに、スクールはのんきに1週間ぶっ通しで運動会(T_T)

週一しか練習に来ないジュニアの子もいるので、別に1週間ぶっ通しで運動会やるのはかまいませんが、研修生は1回参加させたら、あとはいつもどおり練習させてくれんかな?
どうしてこの時期に6回も運動会(同じ内容)に出ないかんの?(-_-;)

いっそ、休んで、近所の25メートルプールに自主練に行かせたいぐらい。

この「運動会ウィーク」、明日まで続きます・・・・