Google
WWWを検索 ひねもすを検索

恐るべし(゜_゜;) シリコンキャップ2011年01月13日 21時12分25秒

昨日買わされた2300円のシリコンキャップ。

「こんなただのゴムキャップに、なんで2300円も(T_T) 派手に戦艦名入れて、スイミングの宣伝させたいだけやろ(--#)」

と思っていたママですが。

春海、今日、お友だちとかぶる約束したそうで、さっそくかぶって練習に参加してみました。

アップのあと、13×2のクロール練習をやりました。

「あれ? なんか、春海、いつもより、速そう」

いつもは13×2の26メートルをだいたい24秒台で泳いでいます。後ろの子に追い立てられると22、3秒台で泳ぐことも。
(以前のひどいときは27秒台、28秒台で泳いでいた)

今日は追っかけられるどころか、引き離している感じ。
「なんかいつもと違うなあ」と思いながら、泳ぎ終わって時計を見たら、
「21秒35」

「えっ!?(゜_゜;)」

計測し間違えたか?と思ったのですが、そのあとも23.77、22.89、23.80、21.39、22.63・・・・。

「こ、これは・・・・! シリコンキャップの威力か!?」

すごい!
26メートルで2、3秒縮むキャップ!

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ   恒例、意味のない計算  ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ
26メートルで3秒縮んだとして、単純計算で50メートルでは5.8秒縮む!?
                                   ※疲労は考慮に入れていません

すげーなー。

話題の高速水着とか、春海レベルでは何の効果もないと思っていたのですが、キャップをメッシュ(500円ぐらい)からシリコン(2300円)にしただけでこの違いですよ。
バカにしたモンじゃないんですね~

これで全身カバーの高速水着なんか着たら・・・・。

ま、でも、26メートルを20秒以内で泳がないと、50メートル39秒とか8秒は出せないので、21秒で喜んでいたらダメですね(^_^;)

クロールすごかったですが、他にも背泳ぎ全般(スタート、ターン、スイム)、平泳ぎのスタートやターン時がすごくよかったです。
平泳ぎ、いつもはスタートやターンのあとは5メートルあたりで最初の息継ぎをするのですが、今日は6メートルかそれ以上(コースの真ん中ぐらい)まで行っていました。
これもキャップの威力?

それにしても、メッシュキャップの抵抗ってそんなにすごいんかな?