Google
WWWを検索 ひねもすを検索

奈良の某研究所でマリモ密造2010年12月16日 20時55分50秒

今日は職場の大掃除でした。

といっても、いつも仕事をしている場所だけではなく、ちょうどいま交代で掃除当番になっている部屋の掃除もしなければなりませんでした。
「製図室」っていうんですけどね、そこはうちらはまったく使わない部屋です。

その部屋の掃除をしたわけですが。

部屋の隅に流しがあります。で、その横に冷蔵庫が。

朝、同僚の女性がその冷蔵庫の扉を開いて中をチェックしました。
ママはこの研究所に来はじめて3ヶ月以上、この部屋の掃除をしはじめて2ヶ月ぐらいになりますが、冷蔵庫の中を見たのは初めて。

見てはいけないものが入っていました(゜_゜)。

開封済みの2リットルペットボトル数本。その他、紙パックや瓶のジュース類。

同僚の女性がママに差し出したのはポカリスエットのボトルでした。飲みかけ。

白濁色の液体の中に、黒っぽいマリモみたいなものが数個、沈んだり浮いたりしていました。
(ごめんなさい、あまりの光景にとても正視できなかったので、沈んでいたか、浮いていたか、記憶が定かではありません)

他にもオレンジジュースがそういう状態になったものもありました。

わたしはそんなもの、もう見なかったことにして入れっぱなしにしておいたらいいのにと思ったのですが(←うちらが使う冷蔵庫じゃないので)、それを発見した同僚女性が果敢にも、
「ここでこの歴史を断ち切らねば」
とトイレに流しに行きました。

ボトルの入口に”マリモ”が詰まって、中身が出てこなかったそうです(爆)。

それでもなんとか、全部、トイレに流してくれました。えらい!ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

ボトルの賞味期限を見たら、ほとんどが2007年だったみたい。ということは、開封したのはおそらく2006年とか、そんなもん?
4年越し、3年越しの開封済みジュースが入っていたんですよーーーーーー(>_<)

うちの台所にも決して口に入れてはいけない危険物がたくさんありますが、さすがにマリモは育っていません。


製図室の冷蔵庫、マリモ栽培所になっていましたよーーーー(>_<) うえええーーーーー(>_<)

コメント

トラックバック