Google
WWWを検索 ひねもすを検索

北海道味めぐり2010年10月09日 08時04分58秒

昨日、行ってきました。『北海道味めぐり』!!

新鮮な海の幸を目当てに行かれる方が多いのではないかと思うのですが、ママはそんなのまったく興味がない。・・・・どころか、歩いていて試食品を差し出されると、
「ごめんなさーーーい(>_<)」
と逃げないといけないぐらい、魚介類、ダメ。

ここに行く目的はひたすらスイーツ!!ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

まず、会場をぐるっとひとまわりしてから、石屋製菓(「白い恋人」で有名な・・・・)でソフトクリームを購入。

石屋製菓のソフトクリーム

300円。

ママの好きなざらざら系ではなく、とろけるようなクリーミー系でした。

形はすごい不細工だったのですが、量はすごかったですよ。2人で食べてもいいぐらい。


お持ち帰りスイーツは何にしようかなー?
チーズ系のお菓子や、ロールケーキが多くて、あれもこれもと迷ってしまいました。

北海道のお店の評判(?)って、全然わからないんですよね・・・・。
完売しているところは、全国区の人気店だと思うのですが、昼過ぎに行ってまだ残っている店は、どこがおいしくて、どこがそうじゃないのか・・・・。



うろうろしたあげく、ミセスニューヨークってところのスフレロールにしました。
スフレ大好き! わーい(^O^)

1本945円(1本といってもかなり小振り(T_T))。

みせすニューヨークスフレロール

↑朝ごはん(^_^;)

外側はスフレ系、ではなく、スフレ、でした。
口の中でとけてなくなる感じ。
ここまでスフレだともの足らないーーー(-_-)  って、ぜいたくですよね。

なーんか、最近、ロールケーキが甘く感じてアレだなあ・・・・。

選手クラス【緊急】保護者会2010年10月09日 21時26分18秒

何日か前に、春海が、こんな↑プリントをもらって帰ってきました。

「げっ! 保護者会!? しかも緊急!?」

・クロールの遅い子はジュニアクラスに戻します
・クイックターンが汚い子はジュニアクラスに戻します
・ビート板の裏表がわからない子は・・・・

こんな話だったらどうしよう!!(>_<)

ママは真剣に心配して保護者会の日、今日を迎えたわけですが。


保護者会の場にやってきた主任コーチ(春海の研修クラスのコーチ)、いきなり、手に持っていた洗剤のボトルみたいなのを掲げて、
「えー、これは水着の撥水性をよみがえらせる液体でー。ハジック(HAZICK 名前はそれっぽけど小林製薬製じゃないよ!)」
そこから延々使い方の説明があって・・・・。

もしかして、この宣伝のために保護者を集めて、選手クラスの練習が終わるまで1時間も待たせたのか!?

まー、なんか、よくわからんけど、使っているうちにだんだんなくなっていく水着の撥水性がよみがえる液体なんだと。
使ってみてください、と。

春海の場合、水着云々のレベルではないのでー。
この話は関係ない、っと。

春海に関係があった話といえば選手クラスのFコーチが転勤します、ってことでしょうか。

春海は研修クラスなので直接は関係ないのですが、ジュニアクラス時代に指導を受けたことがあるので、これは「お疲れ様でした」と。

あとは、
「次の大きな大会は、イト◯ン招待と3月のJO(がなんとかかんとか・・・・)」
どっちも、まーったく関係ない話で。

微妙に、春海にも関係があるかな、というのは、
「研修クラスも人数が増えてきたので、基準タイムを緩くして上(選手クラス)にドンドン上げるようにします」



今日の春海のタイム計測。
クロール50    51.54(ママ計測 自己ベスト)
平泳ぎ50   1:00.81(ママ計測)

肝心のコーチ計測タイムに関しては、本人の春海がぼけーっとしていてまったく聞いておらず。
不明です。

ここから先はタイムに執着してもらわないと困るのに、ホントにボンヤリで困る。

1/144 紫電改2010年10月09日 22時00分42秒

林さんの紫電改(予定)、いま、こんな感じです。

紫電改 1/144

筆でやっているので、もうあと1、2回、塗るつもりです。

風防もちょっと手をつけています。
ママにとって一番の難関。

K上飛曹機はフリーハンドでやって悲惨なことになってしまいました(T_T)
K上飛曹はやさしいから、
「ママさん、これ、ぶっさいくやなあ」
とは言われませんでしたが。

今回は、マスキングテープでチャレンジしています。



ママ、この際だから、暴走することにして、次は1/350やる予定です\(^_^)/

その次はもちろん1/700!!
いや、これは、次の出来具合を見てから・・・・

こんなんにチャレンジしたら、1/144がめっちゃでかく感じるようになりますよね! きっと!