Google
WWWを検索 ひねもすを検索

書いてから検証2010年09月08日 10時26分25秒

昨日の敵機かっぱらいの話。

「ホンマかいな!?」
と(内々に)反応があったので、他の方にも、
「どう思います?」
と聞いてみたのですが。

「聞いたことない(笑)」
ってお答えでした。

ただ、
「敵機であっても操縦自体はできるのではないか」
と。
でも、
「飛行機の場合、滑走路が必要なので、車を盗むようなわけにはいかないでしょう」
と。

そうそう。そこですよね。

盗めるような状態の飛行機がそこらヘンに転がっていたのか、と・・・・。
で、そこに離陸可能な滑走路があったのか、と・・・・。

例えば、警備が手薄な夜中に敵飛行場に侵入したとしても、エンジンを起動させたら気づかれそうな気がします。

万が一、かっぱらいが成功したとしても味方基地に戻ってきたときが問題です。

明るい時間帯に敵機で堂々と乗り込んできたら、対空火器に狙い撃ちされるだろうし、味方戦闘機が一斉に邀撃に上がってくる可能性も。

もし、敵機をかっぱらって無事にご帰還とあいなったら、大騒ぎになることは間違いないですよね。
笹井中尉の「撃墜した敵機とのツーショット写真」じゃないですが、この先任も「かっぱらってきた敵機とのツーショット写真」があってもいいと思う。
でも、見たことないなー。

現時点では真偽のほどはわからない、ってことで。

コメント

トラックバック