Google
WWWを検索 ひねもすを検索

主任コーチのつぶやき2010年09月07日 06時57分34秒

何回かここに書きましたが、春海は4泳法の中では平泳ぎが一番好きで、背泳ぎが一番嫌いらしい。

でも23日の研修の合同記録会では勝手に背泳ぎにエントリーされていました。
おそらくコーチ的(たぶんM村コーチ)には、「この子は背泳ぎ」って思われているのでは。

「次の校内記録会で平泳ぎでいい記録出したら先生たちも『じゃあ、春海ちゃんは平泳ぎ』って言ってくれるかもしれんよ」
とママがそそのかしたら、
「そーいえば」
と春海があることを思い出しました。

練習中、背泳ぎを泳いでいたら主任コーチに止められ、
「背泳ぎは良さそうやな・・・・」
と言われたそうです。

本人は「誉められた(^O^)」と喜んでいるのですが、そのつぶやきは・・・・

「(他の3泳法はとんでも泳法やけど)背泳ぎ(だけ)は良さそうやな・・・・(-_-)」

って意味だと思うよ。

わざわざ止めて言わんでもいいと思う(-_-)

今日の本格的スイミング2010年09月07日 21時03分11秒

春海の飛び込み、傍から見ていたら怖いっす(゜_゜;)

やっと手の先、頭のてっぺんから入水できるようになってきたのですが、飛び込まずにグラッと落ちている感じ。

近くで見ているコーチが何も言わないので、危ないことはしてないのかも知れませんが、あまりに近くに落ちているので(角度が急)、頭を打つんじゃないかと冷や冷やもんでした。

というのも、今日のお昼休みにシノ先生が、
「気になって夢に出てきた」
とか何とか・・・・。
指導した手前、春海が事故でも起こさないかと気が気じゃないようです。

春海本人は、
「飛び込んだらこうしなさいって言われた」
と、飛び込んだ直後に手の先を上に向けるように指導された認識は持っているのですが、言われたことをその通りできる子じゃないんでー(^_^;)
先生方もそれがわかっているから心配ですよねー。

「遠くへ飛べ」
と言っているのですが、できないみたい。

とはいっても、やはり”飛び込み”。壁キックでスタートするのと比べると、1秒の差ができるみたいです。

当分、寿命を縮めながらの飛び込み練習見学になりそうです。


飛行機ギンバイする2010年09月07日 21時54分07秒

某戦闘機隊の操練出身の某先任搭乗員。
ベテラン搭乗員です。

ラバウル時代に撃墜され、不幸中の幸い、ご本人は無事だったみたいなのですが、愛機を失い基地に戻る術を失ってしまいました。
で、どうしたか?

敵のシコルスキーをかっぱらって帰ってきたとか何とか。

ホンマですか!?(゜_゜;)

飛行機って、盗んでいきなり操縦できちゃうもんなんですか!?    

車ですら、人の車を運転したら、ライトつけようとしてワイパー動かしちゃう人とかいますよね(^_^;)
飛行機の操縦席周りは、敵も味方も基本同じなのでしょうか?
それともベテランだからこそなのでしょうか。

それより何より、敵の飛行機を盗もうと思うところから「!?」な話ですが。

上官のたばこや夜食にチャレンジしていた西澤さんと比べると・・・・。

西澤さんの行為は「戦闘機乗りとして肝を練るため」&「自分の物欲を満たすため」だと思われますが(もちろん9:1ぐらいで)、この先任の場合、「肝を練るため」&「帰りのアシにするため(味方の救助隊を煩わせたくない)」&「敵機を鹵獲して研究するため」などなど、自分のためだけではなく、日本海軍、ひいては日本国のためになるようなすばらしいギンバイです。

いよっ! 先任っ!!ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ