Google
WWWを検索 ひねもすを検索

幕末の文庫本2010年08月03日 13時03分20秒

最近プールの話ばっかりで、自分でも、
「このネタは、ママと、特定少数の人しか楽しんでないだろう(-_-;)」
と申し訳ない気持ちがあったので、今日は読書ネタ。

といっても、またまた自己中なネタです。すいません。
自分の本棚です(^_^)ゞ

司馬さんの蔵書を目の当たりにして「ひぇえええ(゜_゜)」と驚嘆してきたばかりなのに、自分の少ない蔵書を公開するってアホじゃなかろうか、とも思いますが、まあ、幕末に興味のある方は見ていってください。

司馬遼太郎、池波正太郎以外の幕末もの文庫本の棚。


幕末本1

この列で一番の注目は、手描き風の包装紙をブックカバーにしている本。
中身は古写真集の文庫版なのです。注目は”中身の本”ではなく、この”包装紙”です。
ご存じの方も多いと思いますが、これは北海道の六花亭の包装紙。絵は坂本直行氏。いま話題の坂本龍馬の血縁の方です。
というわけで、幕末古写真の文庫本のブックカバーに再利用しています(^_^)v


幕末本2

この列は・・・・。
やばい! 恥ずかしい! 『会津士魂』、チャレンジしたけど途中で読むのをやめてしまったのでした(>_<)


幕末本3



幕末本4



幕末本5


倒幕とか佐幕とか、特に立場関係なしで、おもしろそうなら何でも読んじゃったんですね。
(過去形なのは、最近、幕末ものを購入していないから(^_^;))

海軍航空隊ものは小説お断りのママも、幕末なら小説OKです。
逆に、研究書や文語体の日記の類は途中で眠くなってしまいます(T_T)
同一人物が、作者によっていろいろに描かれているのも魅力ですよね。



夏休みの読書感想文を抱えていてる学生諸君! がんばりたまえ!

うちの春海(小3)も感想文を書こうとして一生懸命絵本を読んでいる!


わたしは暑いのでこれにてさらば(^_^)ノ

コメント

トラックバック