Google
WWWを検索 ひねもすを検索

お気に入りのカップでコーヒー飲みたくなった2009年01月13日 08時39分16秒

藤平寧さんのコーヒーカップ
連休明け、なぜかママは早朝から一仕事済ませ、コーヒーブレイク中。

井伏鱒二さんの書簡を読んでいたら、なぜか無性に「お気に入りのカップで」コーヒーが飲みたくなり、棚から引っ張り出してきて、ほっこり(^。^)。

「棚に入れっぱなしなんて、全然お気に入りちゃうやん」
と突っ込まないでね(^o^)。

「お気に入り」は「お気に入り」なんです。
ただし、「愛用」はしていません。
割れたら大変だから!!

このカップ、引き出物に入っていた、とか、陶芸市で5セット2000円だった、とか、そんなカップではございません。

清水焼作家の藤平さんという人が作ったカップで、個展で見てこの色に惹かれて購入したものです。
ペアで1万数千円・・・・(@_@)

ママ、ふだん、↑こういうものの買い方はしません。
これは特別です。

ママなら一口で飲める程度の量しか入らない小振りのコーヒーカップで、形は特別変わったものではありません。フツーのコーヒーカップの形です。

色がとっても好きなのです。

地の色はちょっと草色がかった灰色。皿の縁やカップの縁は藍色。
釉薬の厚い部分にひびが入って、そこが緑色にキラキラしているのがとってもお気に入りです。

これとお揃いの小鉢もあるのですが、それもほとんど秘蔵状態。
よっぽど、心を刺激されるような事件があるか、逸品を手に入れた時ぐらいしか使いません。

今回は、「あれで飲みたい」と思わせるようなコーヒーが手に入ったというわけではなく、ただ単に、井伏さんの手紙を読んでいて、なんか、無性に、お気に入りのコーヒーカップで飲みたい気分になって出してきました。
内容物はインスタントコーヒーです(^_^;)。
でも、味まで違うような気がする・・・・。

コメント

トラックバック