Google
WWWを検索 ひねもすを検索

春海、ママに教える2008年09月05日 08時23分45秒

何日か前、春海と2人で晩ごはんを食べている時のことです。
その日はパパが「晩ごはんいらん」と言ったので、冷凍のおろしソースハンバーグを解凍しておかずにしました。

春海、
「ママ、これ、美味~(^○^)」
「はあ?」
「ママ、美味って意味わかる? 美味っておいしいって意味やで」
と、めっちゃ得意げに。
「あ、ああ。そうなんや。わかった、わかった」
きっと、ドラえもんあたりで仕込んだ知識に違いない。
でも、それ、ママ、あっためただけなんだよ(^_^;)。

そして、これは昨日のこと。
春海が学校の宿題(計算)をしている目の前で、ママはごろごろ昼寝をしていました。
突然、ほんと、突然だったんですが、ママに向かって、
「果報は寝て待て」
と言い放ったんで、びっくり。
「はーちゃん、そんなことば、どこで覚えてきたん? 学校? ドラえもん?」
「『日本語であそぼ』で言ってたよ」
夕方、ときどき、1人で子供番組を見ているようですが、そこで覚えたんだかとか。
「意味わかってんの?」
「いいことは寝ながら待つってことやろう?」
「へえ」
「ママも、寝ながらいいことを待ってるんやろう?」
「そうそう」

もしかして、ママが無駄にごろごろしているのをいいように解釈付けてくれたんやろうか?

落下傘 つづき2008年09月05日 13時11分39秒

先日ここに書いた、ニューギニアで発見された航空兵の遺体―落下傘状態のまま木の枝に引っかかっていたという―に関して、詳細がわかった模様です。

木の枝の見間違いだったらしいです。

台南空はじめ、あの当時、あそこらへんで作戦中だった日本軍のパイロットじゃなくてよかった~。
というか、「人」じゃなくてよかった~ですね。

話は急に変わりますが、先日、静岡だか神奈川の方で(すいません、忘れました)、山の中で見つかったシートにくるまれた「遺体」が人形だった、というニュース、画像付きで見ましたが。

嘘かまことか、大人用の精巧なお人形だったとか?
処分に困って不法投棄したのでは、なんて言っていましたが。

そんな「犯人」の事情より、ママが驚いたのは、
「遺体らしきものを見つけても、現場で生死の確認しないのかよーーー!?!?!?」
ということです。

もし、気を失った状態でシートにくるまれて投げ捨てられていたとしたら。すぐに救急車で病院に運べば助かる状態だったら。
署に持ち帰ってから確認するって、どれだけのんきやねん、と思わず突っ込みを入れてしまいました。
最初から「死体」って前提で、現場では開封せず、周辺の現場検証まで済ませていたってことですが。本当ですかね?そんな暇があるなら、開けてみろ、って話です。

ドラマだと、刑事や監察医(?)が現場の死体を、上から斜めからじろじろ観察して、
「これは他殺だ。絞殺だな」
とか、
「死後一日経過」
とか、そんなことを言っていますが、実際はやらないのねー。

絵日記公開2008年09月05日 14時47分45秒

夏休みの絵日記
↑クリックしたら拡大します

春海が新学期に学校に持って行った「夏休みの絵日記」を持って帰ってきました。
全ページに先生のコメントが付いていました。

6歳児の絵心って、どうなんでしょうねえ?
下手なのか、味があるのか、よくわからない微妙な絵です。
でも、まあ、「ポニョ」と言われなくてもなんとかわかる範囲の絵ということで(^_^;)。