Google
WWWを検索 ひねもすを検索

今日のプール2008年08月12日 17時42分18秒

夏休み短期教室2回目です。

パパがお盆休みなので、パパも見学。

ボビングや板キックはいつもの通りですが、今日はまたまた初めてすることがありました。

スタートのとき、いままではずっとただ壁を蹴ってスタートしていたのですが、今日は右手でプールサイドの出っ張りをつかみ、体を壁に引き付けてからキック、スタート。
そして、「向こうに到着」も、いままではビート板の先端が当たれば止まっていたのですが、今日は到着直前に右手をビート板から離して伸ばし、プールサイドをつかみ体を引き付け、壁を両足でキックして戻ってくる-これは簡単なターンなのでしょうか-。これの練習を始めました。

ぎこちないけど、みんなこれはできていた。

そして、もうひとつ。
3ストローク/1呼吸の練習。
春海はずっと右手を手回しするたびに呼吸していたのですが(2ストローク/1呼吸)、今日は右・無・無・左・無・無・右・・・・で左右両方で呼吸しながらクロールする方法を初めて教わりました。

生徒4人のうち4年生の女の子はちょっとまだそこまで行っていないようで、対象は男の子2人と春海だけだったのですが、プールサイドに座らされ、プール内のコーチがそのやり方を身振り手振りで説明していました。
男の子2人は真剣に聞いているようでしたが、春海はキョロキョロしたり、水をすくって膝にかけたり落ち着きのない様子。
パパと2人で、
「春海のやつ、先生の説明、聞いてへんなあ(怒)」
と見学席から怒り光線を出しまくっていたのですが、本人、気付きません。
さあ、やってみましょう、とみんな水に入りました。
男の子の1人はその場で手回しと呼吸のタイミングの練習を始めました。
「7歳やなのに、春海とえらい違いやっ!!」
春海も見習えっ!!

ところがですねー、いざ、泳いでみると、最初の男子、顔上げのタイミングがつかめず、呼吸できず。
2番目の男子も同じ。左の顔上げができず、苦しくなって前に顔を上げる始末。
3番目が春海だったのですが、なーんと、驚いたことに春海、1回目からスイスイと右・無・無・左・無・無・・・・と向こうまで泳いで行ってしまいました。
「おまえ、先生の話、聞いとったんかあああああ!!!!!!」
とパパママ、泳げたことよりそのことに驚きました(←まあ、自慢だけどね。でも、手遊びしながら先生の話を聞くというのは良くない態度なので、あとで注意しておきました)。

この呼吸法だと、2回に1回呼吸するより苦しいのか、手回しがいつもより早かったような。春海、いつものんびり手回ししていて、体が沈んでくるのですが、今日は結構手回しが早かったです。

最後はコースロープ(授業ではプールの横向きに張ってあります。11メートル長)を取っ払って、縦25メートルを使って全員がクロールで泳がされました。
いつも泳いでいる泳法でいいよ、と言われたようで、みんな片側だけの呼吸で25メートル泳いでいました。
ただ、春海と4年生女児は何を勘違いしたのか、先生が待っていた20メートル地点で立ってしまい、先生に「向こうまで」と指を差されて残り5メートルを泳いでいました(やっぱ、聞いてないのね・・・・(涙))。

そうそう、先週、春海に聞いたところでは、グループの4人のうち3人がどこかよそのスイミングスクールに通っているそうです。

見学している間も勧誘がきつくてねえ~。
館内放送で、
「短期教室受講の皆様、このたびは受講、ありがとうございます・・・・期間内に本科にご入会いただくと、入会金無料、短期教室授業料返還、プールバック、水着を進呈・・・・」
うーん。すごく魅力的な誘惑ではある。