Google
WWWを検索 ひねもすを検索

3月21日 防衛研究所 戦史史料室2008年03月26日 09時39分55秒

21日は朝から念願だった戦史室に行ってきました。

事前に、戦史研究家のJさんに「あれと、これと・・・・」と見たい分を書いて送ったら、「あるけど、一日じゃ無理でしょう」と言われてしまいました。

なので、調査対象を絞り込むか、そっちはもう適当に見て深井さんのお手伝いをするかと思っていたのですが、実際に行って見始めるとやっぱり「あれも、これも・・・・」となり、しかもテキトーどころか、見入ってしまい・・・・。

戦記物などでみた搭乗員の名前が上から下までズラズラッと並んでいるんですよ。
「ああっ、○○兵曹!」
「おおっ! ××大尉!」
喜んでないでさっさと書き写せ、って話なんですけど。

横で作業されていた深井さんがときどき、
「これ、見てください」
と深井中尉や第9銀河隊関係の資料を差し出してきはるんですよ。そっちも見たい!
戦死直後の名簿だと思うのですが、現在遺族なし、という情報の俵一上飛曹の遺族欄に母親の名前だけが記載されていました。
母ひとり子ひとりでも特攻出撃させていたのか・・・・。
どういうルートでその人の手に渡ったのかわからないけど、個人収集家のコレクション(?)に深井中尉の遺稿(写し)があったり・・・・。
現物はどこにあるのでしょう?

おっと、目の前に広げた史料のほうを先に片付けねば。
申し訳ないですが、深井さん、それはあとで見せてください、ということで、戦闘機関係の行動調書をせっせと書き写していたのですが、午後に入り、2時になり、3時になり・・・・
とうとう写すのはあきらめて「見るだけ」になってしまいました。

西澤飛曹長が搭乗員生活のうち唯一不時着水して海を漂流(泳いだ?)したときの行動調書は記念にコピーを頼みました。
(「そんな不名誉なもん、記念にするな!」と西澤飛曹長に怒られちゃうかもしれませんが)

応援に駆けつけてくださった二人の手慣れた戦史研究家・Jさん、Kさんのおかげで、目的のものはかなり見れたのですが、それでも251空の行動調書はカウンターに待機状態になってはいたのですが、見れませんでした。残念でした。

前日、寒くてほとんど眠ってなかったんですが、「うとっ・・・・」とくる暇もないほど集中してやりました。(学生時代は居眠り女王だったのに!)
あんなに文字を書いたのは何年ぶりだというぐらい書きました。
お昼も抜きでした。
なのに、全然追っつかなかったんです。

帰ってきてから、
「あれもコピー頼めばよかった」
「あっちを先に見ればよかった」
とかいろいろ悔やむことが・・・・。
また行かないといけませんね。

コメント

トラックバック