Google
WWWを検索 ひねもすを検索

3月22日 公園の男の子2008年03月24日 08時51分11秒

入館後いきなり休憩中
順不同で書いていきます。

これは22日(土)のことです。

朝、春海は朝食前におじいちゃんと二人で近所の公園へ出かけていきました。

出かけたきり、いつまで待っても帰ってこないので、痺れを切らしたおばあちゃんが公園まで迎えに行きました。
いなかったと言って戻ってきました。

しばらくして、おじいちゃんと春海が戻ってきました。

事情を聴くと、公園で知り合った男の子に誘われてその子の家まで行っていたそう。
その子はおばあちゃんと来ていて、春海と同じ今度小学校に上がる男の子らしいのですが、春海のことが気に入ったようで、おもちゃを見せるから家に来てくれ、と言われ、ついて行ったようです。

結局、家が散らかっているから、片づけてまた迎えに行くから一緒に遊ぼうと約束し、かれがうちまで春海たちを送ってきて、そこで別れたらしいのですが。
ママは靖国神社に行く気になっていたので、春海と一緒にその男の子の家に行く気はありません。
おじいちゃんとおばあちゃんに聞いたら、
「いいよ。はーちゃん、おいて行ってきなよ。男の子の家まで送っていくし、帰りも迎えに行くから」
と言ってくれたのですが、幼稚園の友達の家すら子供だけで行かせたことはないのに、まったく知らない人の家に春海だけ行かせるわけにはいきません。
(春海のために自分の予定を変えるつもりのないワルママ)

結局、その子の家に立ち寄ってお断りをして、九段に行こうとしたのですが、寄ってみたら、直前に家族で出かけたらしく(隣家の人談)、誰もいませんでした。なので、お隣の人に事情を話してお菓子を預けて靖国神社に出かけました。

春海に悪いことをしたなあと、ワルママもちょっと良心の呵責があったので、いつもは食べさせないソフトクリーム&クリーム白玉を春海と一緒に食べたのでした。
(靖国神社遊就館 館内の喫茶店です。背景は零戦52型)

5時前に帰ってきたら、おばあちゃんが、
「男の子、2時頃来たよ」
って。
で、お菓子とお手紙を持ってきて、そこにかれの名前と住所、お手紙下さい、と書いてありました。
その後、わたしも春海といっしょに、うちの住所と春海チロルを持ってもう一度お宅に伺ったのですが、本人不在。お母さんがおられたので、渡してきました。

わたしだけかれに一度も会えなかったので、春海に、
「どんな子?」
って聞いたら、
「背ははーちゃんと同じぐらい。かっこいい子」
って言っていました。おばあちゃんもおじいちゃんも、
「うん、かっこよかったよ」
って。

春海ちゃん、男の子にもてていいねえ~。
プールではゆうきくんに、
「春海ちゃん、好きや、好きや、好きやねん。恋やねん」
と言って迫られ、幼稚園では片思いであきらめているそうたくんにも好きと言ってもらえ、帰省先ではかっこいい少年(?)とひと春の思い出ができ・・・・。

ママはこのどれも、ひとっつもないわっ!!

コメント

トラックバック