Google
WWWを検索 ひねもすを検索

海軍PC2008年02月26日 08時28分00秒

昨日、青くなっていたママですが、あれから3時間ほど仕事をしてみたら、なんだか終わりそうな雰囲気になってきましたー(^◇^)
(ちょっと指痛ですが・・・・)

入力しているのは考古関係の原稿なのですが、やはりというか、なんというか・・・・。
「畿内」→「機内」
「1基」→「1機」  (古墳は「1基」と数えるのです)
「十三基」→「十三期」  (「十三期予備学生」のことですねえ)
「登場」→「搭乗」
「和泉」→「出水」  (海軍航空隊の基地があった鹿児島の地名)

わたしのパソコンの脳みそは海軍航空隊化されていて、考古学の用語が普通に変換されません(*_*)。

入力しながら少しずつ考古化されていますが、この仕事が終わったら、また海軍化しなおさないといけないですねー。
変換機能に、モードの切り替え(海軍用語優先変換とか、考古用語優先変換とか選べる)機能があればいいのに。

いや~(^_^)v 働きすぎた2008年02月26日 21時07分44秒

ぐーたらママはちょっとお仕事をしただけで過労気味なので、今日はもうやめてこっちきました。
あまり根詰めてやると、明日には無職ママに逆戻りしてしまいそうなので。

今日もママPCは絶好調です。
「前期」→「全機」
「鉄器」→「敵機」
などなど、相変わらず航空隊ボケのまま入力しています。

「西嶋」さんって名前が出てくるんですけどね。指が勝手に「西澤」って入れちゃうんですよ~(アホ)。

でも、そろそろ考古学用語にも馴染んできたようで、「そうこぐん」(倉庫群)と入れて変換したら、「葬孤軍」と出てきました。いま、ちょうど海軍モードから考古モードへの過渡期って感じでしょうか。
パソコンも成長するんですね!

ところで、ママが仕事をしているのはママ専用のノート(壁紙は某中尉です♥)ですが、インターネットやメールはこのパパのPCでやっています。
昨日の夜、パパが勝手にオフィスを入れ替えたらしく、こっちも変換の辞書がむちゃくちゃになっています。
当然、いままで育ててきた海軍用語は出ません。
ひどいことに、自分の名字が一発で出ませんでした(T_T)。
でも、出る文字の種類(顔文字や記号)が多そうなので、元に戻さず、このまま、また一から育てなおそうと思っています。