Google
WWWを検索 ひねもすを検索

身にしみる良さんのことば2008年02月10日 11時00分34秒

myめがね
「Ryo's chest」に良さんが弟さんに「近視になってはダメだよ」、目を大事にしなさい、という内容のことを書いている手紙が公開されています。

わたしも幼い頃からさんざん親にこれを言われ続けてきたわけですが、いい加減に聞いていた為に、いまではコンタクトレンズ無しでは家の中も歩けないような状態になってしまいました。

そのコンタクトも、左と右、別々の眼科でずいぶん離れた時期に作ったので、なんだかピントが合っていないような気がするまま、もう10年ぐらい使っています。

メガネはというと、あまりに近眼(乱視?)なため矯正不可能で、0.2か0.3ぐらいの視力になるように作ってあるので、これで屋外に出るのは危険です。

先日、スイミングのママが、
「最近、夜、テニスをしていたら早いボールが見えにくい」
とか、
「夕方車の運転をしていたら外が見えにくい」
と言って、
「遠近両用メガネを作らんといかんかなあ」
と悩んでいました。
はあ・・・・もう、そんな年か・・・・と自分もハッとしました。

実はわたしもちょっと思い当たることがあったんですよねー。
パソコンで文字を打ったり、本を読んでいるときは気がつかなかったのですが、先日、自筆で手紙を書いていて、左右の焦点が合ってないことに気づきました。
左目をつぶってみたり、右目をつぶってみたりしながら何とか書いたのですが、我ながら呆然。
これって、老眼ですか?
それとも、コンタクトレンズのせい?

裸眼でものが見える人が羨ましいです。
大規模災害が来てライフラインが止まったら、わたしはまずうろうろ歩き回れなくなってしまいます。

良さんみたいなお兄さんに「目を大事にしなさいよ」と言われていたら子供の頃から気をつけたのになあ・・・・
なんていまごろ言っても遅いか。

コメント

トラックバック