Google
WWWを検索 ひねもすを検索

家庭教師は見た!・・・22007年12月19日 09時27分31秒

自慢の腕をふるうNくん
写真の子はNくんです。
中学生・高校と一緒に勉強をしました。いまはもう社会人です。

かれは、高2か高3ぐらいのときに歴史の道に進みたいと希望して、大学もその関係の学部を受験したのですが、残念ながら受からず、浪人しました。浪人中にどう気が変わったのか、料理人になりたくなったようで、結局、調理の専門学校に行きイタリア料理を専攻し、いまはフランス料理店で働いています。

この写真は、専門学校時代に自宅に招待してくれて、イタリアンのミニランチをごちそうしてくれたときのものです。わたしが好き嫌いが多いので、それにあわせて作ってくれていて、とても美味しかったです。

そのかれが高校生の時、夏休みのレポートで戦艦大和をテーマにしたことがありました。かれが決めたテーマですよ、わたしは口出ししていません!
図書館に通って書き上げたらしいのですが、完成したレポートを読ませてもらいました。
「なあ、なあ、ここ『主砲の射程距離は東京-大船間に匹敵する』って書いてあるけどさあ、大船ってどこ?」
「あ? 知らん・・・・」
と、かれの返事。かれも根っからの関西人。
「あんたなあ、主砲の射程距離40㎞、ってのがいかに遠いかをわかりやすく伝えるための例えなんやから、自分が知らんところ書いてどうすんねん。クラスの子にも、先生にも伝わらんのとちがう? 自分の住んでるところから40㎞離れている場所を考えて書きーや」
と、そこだけ口出しした記憶があります。
たぶん、参考にした本をそのまま引用したんでしょうけど。大船がどこかわからんのに、距離感が伝わるわけがないでしょ。
大船なんて、わたしだって知らんわ!

コメント

トラックバック